2018/04/20

Book:かがみの孤城

今年読んだ9冊目は、本屋大賞に輝いた『かがみの孤城

続きを読む "Book:かがみの孤城"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/19

Book: 社会の変容と民法の課題・上 

五十嵐先生をして北大民法の黄金期と言わしめた瀬川信久先生と吉田克己先生の、合同古稀記念論文集『社会の変容と民法の課題 上巻』である。

続きを読む "Book: 社会の変容と民法の課題・上 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/18

Book: 民商法の課題と展望 

大塚龍児先生の古稀記念論文集である。『民商法の課題と展望―大塚龍児先生古稀記念

続きを読む "Book: 民商法の課題と展望 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/17

Book:家族と倒産の未来を拓く

木内道祥先生(元最高裁判事)の古稀と退官の記念論文集である。

続きを読む "Book:家族と倒産の未来を拓く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

Book:法学の誕生

あの内田貴先生が法の歴史を扱う書物を出した、ということで一部で話題となっていたのが本書である。

続きを読む "Book:法学の誕生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

book:和解は未来を創る

草野芳郎先生が古稀記念論文集として献呈されたのが和解は未来を創る ― 草野芳郎先生古稀記念

続きを読む "book:和解は未来を創る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/15

Book:火星に住むつもりかい?

今年読んだ8冊目は火星に住むつもりかい? (光文社文庫)

続きを読む "Book:火星に住むつもりかい?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Book: ロボット・AIと法

宍戸常寿先生と横田明美先生よりご恵贈いただいたロボット・AIと法、類書はいくつかでてきたものの、著者の顔ぶれからして読むのが楽しみである。

続きを読む "Book: ロボット・AIと法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/14

book:医師民事責任の構造と立証責任

平野哲郎先生からご恵贈いただいた大著である。

続きを読む "book:医師民事責任の構造と立証責任"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/12

Book; 学生のための法律ハンドブック 弁護士は君たちの生活を見守っている!

SNSで旧知の民法の先生が話題にしていた本『学生のための法律ハンドブック』、当該先生によれば「大学生・専門学校生が遭遇しそうな123にわたる事例を設定して解説を加え、具体的な対策・解決策も提示」ということで、成文堂のサイトに行ってみたら、すごかった。

続きを読む "Book; 学生のための法律ハンドブック 弁護士は君たちの生活を見守っている!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧