2018/11/10

法のデザインからの連想でFashion law

先日の法のデザインと言う書籍からの連想で、以下の本が浮上している。

ファッションローとは、文字通り、ファッション業界に関する法律問題のことで、この本の共著者にはファッションローの助教授 adjonctive professor という肩書の方もいる。

日本の法律学の区分としては存在しない法分野であるが、繊維関係、皮革関係、商標・意匠といった知財関係、その他国際繊維・服飾取引などにも関わり合いを持つのであろう。

続きを読む "法のデザインからの連想でFashion law"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/09

article:法人格なき社団財団の当事者能力

大阪市立大学法学雑誌64巻1・2号1頁以下に掲載された岡成玄太准教授の論文「法人でない社団・財団の当事者能力」である。

内容は、法人格なき社団財団に当事者能力を認める民訴法29条の解釈論として、構成員など財産帰属者の固有財産から分離された社団財産・財団財産を形成している団体については、その代表者・管理者に訴訟追行の授権が財産帰属者からある場合には、民訴法29条の適用を認めて良いとする。

続きを読む "article:法人格なき社団財団の当事者能力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/08

article:ドイツ当事者公開原則の基礎法理

大阪市立大学法学雑誌64巻1・2号196頁以下に掲載された池邊摩依氏の論文「ドイツ民事訴訟法における当事者公開原則の基礎法理」を読んだ。

民事手続における情報の保護と利用という問題に取り組んでいる私としては、極めて興味深いテーマである。

続きを読む "article:ドイツ当事者公開原則の基礎法理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/06

Book:法のデザイン

今年読んだ25冊目は、水野祐先生の法のデザイン—創造性とイノベーションは法によって加速する

続きを読む "Book:法のデザイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/31

Book:AIと憲法

今年読んだ23冊目は、山本龍彦先生の編著によるAIと憲法

続きを読む "Book:AIと憲法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/28

Book:私法入門

今年読んだ22冊めは、初めてではないけれども久しぶりに、必要に迫られて読んだ五十嵐清先生の私法入門 改訂3版


続きを読む "Book:私法入門"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/26

e-Book:法律専門書の電子書籍は有り難いが・・・

前のエントリで刑事収容施設法の逐条解説をアマゾンKindle版で引用したが、こういうコンメンタールの類が電子書籍で参照できるというのは素晴らしい。

続きを読む "e-Book:法律専門書の電子書籍は有り難いが・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/22

E-Books:法律書が本格的に電子書籍を出し始めた

先日このブログで紹介した家庭裁判所物語に Kindle版が出ているのをTwitterで見かけた。

このように、ちゃんとキンドル版が出ている。

続きを読む "E-Books:法律書が本格的に電子書籍を出し始めた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/17

book:女性天皇

今年読んだ21冊目は、瀧浪貞子さんの女性天皇 (集英社新書)

続きを読む "book:女性天皇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/10/09

Book:大学生が知っておきたい消費生活と法律

今年読んだ20冊目は、細川幸一先生よりご恵贈いただいた大学生が知っておきたい消費生活と法律

続きを読む "Book:大学生が知っておきたい消費生活と法律"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧