2018/01/18

A.I.使えばなんでも解決するかのような論調

夢を語るのならいいが、最近はAIといえばもうなんでもできることを前提にして論じる人が目につく。

例えば裁判にAIを導入することが必要だとする「早急にAI活用を!技術裁判に苦しむ裁判官」という記事など、その典型だ。

この記事では、建築関係の訴訟(これはいわゆる専門訴訟として、医療事故と並んで特別扱いされている)について、技術に素人の裁判官が、しかも常時200件以上の事件を抱えつつ、多様な専門分野の多様な法令をすべて駆使した裁判を要求されているので、人間では限界が来ていると論じている。しかも公務員たる裁判官には転勤があるので、長期間かかる裁判では当初の審理に誰も携わっていなかった裁判体が判決を下すことにもなる。
こうした現状を解決するには、AIの導入が必要だして、以下のように述べる。

 

この現状を解決する手段は、もはや人工知能(AI)の活用しかないのではないか。AIが、事件内容を把握し、関係する法令を選択し、判例も参考にしつつ、的確に判断をする。裁判官は、もっと高い見地、広い視野で大局的に判断をすることに力を注ぐことができる。

続きを読む "A.I.使えばなんでも解決するかのような論調"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

A Happy New Year ! 謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年8月に母を亡くしましたので、世間的には喪中ということになろうかと思いますが、母も97歳と大往生でしたので、喪中なんてしなくていいという気持ちであろうと勝手に忖度して、新年のご挨拶を致します。

6


続きを読む "A Happy New Year ! 謹賀新年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/23

misere:横紙破りが大嫌いなニッポン

日本社会の特徴の一つをよく表す出来事が幾つか表れている。

一つは、例の子連れで議場に座って、結局子供を預けることになった女性市議。

議場に子連れはあり?なし?

22日に開会した熊本市の定例市議会。本会議の開会前、緒方夕佳議員(42)が、生後7か月の長男と一緒に出席しようとしたところ、ほかの議員から退席を求める声があがりました。

熊本市議会の規則では本会議中はいかなる理由があっても議員以外は議場に入ることができないとされています。

そこで、議長や議会運営委員会の委員などを交え、話し合いが行われましたが、緒方議員は結局、長男を友人に預けて出席し、市議会は40分遅れで開会しました。


Mamabebe


ま、彼女の行動は、事前に子供連れを議会事務局に相談していたという報道もあったので、全く突然の行動というわけではないし、ダメであることは覚悟の上のアピールという色彩が強いように私は思うのだが、その上で、彼女のような行動が迷惑行動のように捉えられてしまうのが日本社会だ。

他国の例がハフポストに詳しく紹介されているが、
熊本市議会で赤ちゃん連れ議員の出席認められず...でも、世界にはこんなにいます

記事のタイトルとは裏腹に、やはり外国の例でも軋轢を生み、ダメとされるケースもある。ということで、外国ではOKなのに日本はダメなんておかしいという単純な話ではない。

熊本の彼女のケースは、こうやって突撃しなかったら本人がいくら周囲に働きかけても一歩も動かず、また全国の無関係の皆さんの関心を呼ぶこともなかったのだろうなあと。その意味ではあちこちで批判的なご意見ですら書かせたことは、彼女にとっては成功なんだろうと思う。思う壺というか。
ただし、今後良い方向に進むのかどうかは予断を許さない。

続きを読む "misere:横紙破りが大嫌いなニッポン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/16

AIとロボットは人の仕事を奪うか〜法事

Pepper導師が読経や説法を担当 SF感ある“IT葬儀”登場

これは意外性のある展開で、あちこちで話題となっている。概ね不評なのだが、みんなが飛びつくところを見ると(私もだが)、案外目の付け所は良いのかもしれない。

よく、AIロボットが人間の仕事を奪うかということが話題となるが、果たして僧侶はロボットが取って代わることのできる職業だろうか?

続きを読む "AIとロボットは人の仕事を奪うか〜法事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/31

misc:専業主婦願望を口にする女性大学生や女子高校生に読んで欲しい記事

「仕事がしんどい」だから専業主婦に逃げようとしている貴女へ

本来仕事を持っている女性向けのファイナンシャル・プランナーの夢も希望もないお話だが、そろそろ自分の人生設計を考え始める女性たちにも読んで欲しい。

しかし、年収1000万円のオトコを捕まえてもこれかぁ。Img_1486

年収1000万円といえば、こちらのサイトによれば男性で 6.6%にすぎない。


札幌みたいな地方都市に行けば、生活費も住むところのグレードとかも大きく違うし、だいぶ安上がりになるだろうけど、その分、夫の収入水準も全体して低くなるから、この記事が想定しているようなシティライフはそもそも無理だとしても、裕福という感じにはならないだろう。

続きを読む "misc:専業主婦願望を口にする女性大学生や女子高校生に読んで欲しい記事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/20

misc:育休取得による昇給遅延

4児の父の大学教員「育休取ったら昇給消えた」

詳しくは、上記記事を見ていただくのが1番だが、要するに、昇給規定には「昇給対象者は4月1日時点の在職者で、前の年度の12カ月間すべてを勤務した人」と規定されていて、育休を取得すると当然にその翌年度の昇給対象から外れ、もし育休期間が2カ年度に渡れば2年分の昇給が停止されることになる。

その分は生涯賃金に大きな影響を与えることだろう。

Delacroix


これは育児・介護休業法第10条の不利益取扱い禁止に抵触するとして、昇給不足の分についての損害賠償を請求した。

続きを読む "misc:育休取得による昇給遅延"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

2017年、あけましておめでとうございます

旧年中は、公私ともに色々な方にお世話になりました。


Photo


世界ではヨーロッパの難民摩擦やテロ頻発、Brexitやトランプ当選など、先行きを不透明にする出来事が相次ぎました。国内的にも、天皇陛下の退位の意向表明に加えて、数多くの天候不順や災害があり、驚かされることが多く見られました。

それでも、個人的にはフランスでの残り3ヶ月を充実して過ごし、帰国後も初めてネパールを訪れたり、フランスや韓国の再訪、長年取り組んできたフランス民訴法の翻訳が書籍の形にすることができ、実りの多い年となったように思います。

続きを読む "2017年、あけましておめでとうございます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/13

mail:「前回の学会でお目にかかった石川と申します」

秋の学会シーズンも、最終盤に近くなり、いくつかの学会に出席して頂いた名刺が結構多くなってきた。

本当は、名刺交換の際に写真撮影などさせていただければ、顔と名前が一致していいのだが、ちょっと挨拶を交わしただけでは、記憶が曖昧になってしまう。そんなときに後からメールのやり取りとかFBでの関係ができると、実質的な知り合いになれてよい。

ところが、こんな記事が。
標的型メール、他大教授にも 富山大サイバー攻撃被害

大学研究者を狙った今回の「標的型メール」は、学生が研究の助言を求める内容で、送り先の教授の名前を「○○先生」と表題に書くなど、周到な準備がうかがえる。「詳細な質問は添付いたします」と、ウイルス入りの添付ファイルを開くよう誘導していた。

おいおいおいおい、勘弁してくれーというのが本音だ。

続きを読む "mail:「前回の学会でお目にかかった石川と申します」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/03

11月3日は憲法公布記念日。70周年記念の節目の日

Img_1693


11月3日は文化の日という名前だが、憲法公布の日であり、この日には菊まつりがあったり、文化勲章親授式があったりする。
Cwty2ljxaaa3ytv

その他、秋の褒章があり、今年、北海道からは中村睦男先生が受賞された。おめでとうございます。

続きを読む "11月3日は憲法公布記念日。70周年記念の節目の日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/04

misc.ノーベル賞受賞者が科研費について述べること

文科省の皆さんには是非読んでいただきたいが、ノーベル賞を受賞された大隅先生が「私と科研費」に寄稿されて、現在の研究行政の貧困について語られている。

「科研費について思うこと」

大隅 良典
東京工業大学 フロンティア研究機構 特任教授

平成27 年度に実施している研究テーマ:
「オートファジーの分子機構の解明と細胞生理学への統合」(特別推進研究)

続きを読む "misc.ノーベル賞受賞者が科研費について述べること"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧