2021/11/14

最近買った本:図説判決原本の遺産

最近買った本の中からご紹介。

Img_1495

この本は、ごく薄いものだが、数多くの古い判決原本や裁判官等の写真があって、楽しめる。

続きを読む "最近買った本:図説判決原本の遺産"

| | コメント (0)

2021/11/11

刑事確定記録の記事利用例

東京新聞「【独自】「軽い気持ちで賭けマージャン続けた」…黒川元東京高検検事長が後悔の供述 刑事裁判記録が本紙請求で開示

11月11日付けの記事には、以下のように書かれている。

本紙は今年4月、黒川氏に関する刑事裁判記録の閲覧を東京地検に請求。昨年6~7月と検察審査会の「起訴相当」議決後の2~3月の取り調べに基づく黒川氏の供述調書7点のほか、記者らの供述調書、現場写真など約200枚分の記録が今月初めに開示された。

刑事確定訴訟記録法は、刑事訴訟法53条が誰にでも閲覧させる旨の規定をおいているのを受けて、具体的手続を定めるものであるが、法律上数多くの例外規定がある。

続きを読む "刑事確定記録の記事利用例"

| | コメント (0)

2021/02/11

民事裁判IT化検討の中間試案たたき台・概要

Clubhouseでたたき台をたたくルームを実施する関係上、

中間試案たたき台の見取り図として、目次と、続きに若干の内容をまとめてみた。

 

【目次】pは中間試案たたき台のページ数

1 総論p.2

2 訴えの提起,準備書面の提出p.7

3 送達p.7

4 送付p.13

5 口頭弁論p.14

6 新たな訴訟手続p.16

7 争点整理手続等p.20

8 書証p.26

9 証人尋問等p.28

10 その他の証拠方法等p.32

11 訴訟の終了p.33

12 訴訟記録の閲覧等及びその制限p.37

13 土地管轄p.39

14 上訴,再審,手形・小切手訴訟p.39

15 簡易裁判所の手続p.39

16 手数料の電子納付p.40

17 IT化に伴う書記官事務の見直しp.42

18 障害者に対する手続上の配慮p.42

続きを読む "民事裁判IT化検討の中間試案たたき台・概要"

| | コメント (0)

2020/12/27

Book:リーガルテック活用の最前線

今年読んだ84冊目は、リーガルテック活用の最前線 ―AI・IT技術が法務を変える

 

 

ITはもちろんのことだがAIも、法律実務に与えるインパクトは大きくなる一方だ。 

続きを読む "Book:リーガルテック活用の最前線"

| | コメント (0)

2020/12/22

全国消費生活相談員協会のシンポジウムで民事裁判IT化とODRを説明

先日11月13日に、Zoomを通じて開催された全国消費生活相談員協会本部シンポジウムにお招きを受け、「消費者のための民事裁判IT化とODR」と題してお話をした。

実際には、当日先約があったため、ビデオレター的な講演となった。

 

続きを読む "全国消費生活相談員協会のシンポジウムで民事裁判IT化とODRを説明"

| | コメント (0)

2020/11/26

Web会議方式に対するプロテスト in France

フランスでは、刑事裁判で被告人を拘置施設に置いたまま「安全に」公判を開くため、ビデオ会議システムを用いるというオルドナンスに司法大臣が署名したことから、司法官組合や弁護士組合が抗議のデモを行っている。

 

"La justice n'est pas une réunion de copropriétaires" : le recours à la visioconférence aux assises inquiète les avocats

20201124-180038

写真は弁護士組合である。

続きを読む "Web会議方式に対するプロテスト in France"

| | コメント (0)

2020/11/24

新しくなったe-gov

法情報的にはオープンデータの先端を行っているe-govがリニューアルされて、新しい表紙がお目見えされた。

20201124-91243

なかなか使いやすそうではある。

続きを読む "新しくなったe-gov"

| | コメント (0)

2020/10/22

#法とコンピュータ学会 も #民事司法のIT化 がテーマ

法とコンピュータ学会というところには、今まで参加したことがなかったのだが、初めて参加することになる。

今年は二度目の学会報告ということになるか。

 

以下、案内文より

法とコンピュータ学会研究大会は2020年11月21日10時~,オンライン開催となりました。
木下昌彦先生(神戸大・憲法),古田啓昌先生(弁護士・法務省「IT化に伴う国際送達及び国際証拠調べ検討会」構成員),町村泰貴先生(成城大・民訴法),湯淺墾道先生(情セ大・情報法),指宿信先生(成城大・刑訴法),楠正憲政府CIO補佐官にご登壇いただき,パネルの司会を小倉秀夫理事が務めます。
参加費は無料ですので,どうぞ奮ってご参加ください。

続きを読む "#法とコンピュータ学会 も #民事司法のIT化 がテーマ"

| | コメント (0)

2020/10/17

2020日米法学会シンポ・#民事裁判のIT化

コロナ禍の副産物で学会のシンポジウムがオンラインで実施・参加できるところが増え、加えてアーカイブ化するところも増えてきた。

その中で、先日、2020年9月20日にZoomウェビナーで実施された日米法学会のシンポジウムも、アーカイブが公開された。

 

メディアはGoogleドライブで、誰でもアクセスできるということなので、ここにご紹介する。

日米法学会2020年シンポジウム

 

 

続きを読む "2020日米法学会シンポ・#民事裁判のIT化"

| | コメント (0)

2020/09/03

シャルリー・エブドのテロ事件初公判と裁判の映像記録

5年前のパリで起こった風刺新聞シャルリー・エブドへのテロ実行犯に対する初公判が、昨日、行われた。

パリ市長のFB書き込みでは、真実が明らかになる時で、パリは被害者とその遺族とともにあると書かれていた。

 

続きを読む "シャルリー・エブドのテロ事件初公判と裁判の映像記録"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧