2022/09/14

ポワチエの新裁判所見聞

パリもコロナ前に裁判所が新しくなっていたが、ポワチエもコロナ中に新裁判所ができていた。

Img_3473

元は学校の建物を改装して作られている。

内部はこんな広間(Pas peudu)となっている。

Img_3488 Img_3487

すりガラスの向こうが法廷である。パリと同様に、開廷している法廷は、その表示がタッチスクリーンパネルで表示されている。

 

 

続きを読む "ポワチエの新裁判所見聞"

| | コメント (0)

2022/09/05

パリ裁判所見聞

Img_3362_20220905204801 今回の出張の目的の一つは、新設されたパリの一審裁判所での審理のあり方を観察してくることであった。

建物自体が、コロナ直前にかつてのコンシェルジュリーとして用いられていたシテ島のPalais de justiceから、一審裁判所が新たなPalais de justiceに移転されていて、訪問しそびれたままコロナで渡航すら難しくなっていたが、今回ようやくその念願を果たすことができた。

場所はパリの北北西のペリフェリック上にあるPorte de Clichyにあり、地下鉄では13番と14番に駅があるほか、トラム3bの停留所も近い。

威容を誇る高さの建物だが、一審裁判所に用いられているのは、手前に張り出している6階建ての部分で、そこに各種の法廷がある。

一審裁判所と言っているのは、2020年から登場したTribunal judiciaireのことで、従来の簡裁と地裁が統合されてできたものだ。

そして当然ながら少額だったり日本で言えば家事審判になるような事件が多数係属して審理されるので、一人法廷が数多く設置されている。6階建ての中に、ガラス張りが大胆に取り入れられた開放的な、しかし狭い法廷が極めて多く配置されているのだ。

そして事件の表示は、各法廷の前に設置されたスクリーンに表示され、タブレット端末のように手でスクロールして見ることになっている。

ただし、そのスクロールはどうもうまく動かなかった。弁護士も動かそうとして舌打ちして苛立っていたので、例によって先進的だが使いにくいシステムを入れてしまったということなのだろう。

空いている法廷を探してうろつきまわっていると、機関銃を持った警察官に呼び止められてどこに行くのか聞かれたから、事件関係者ではなくて傍聴希望者だというと、親切に「この階の法廷は特に記載がない限り自由に見て良いから頑張って」と送り出された。

 

続きを読む "パリ裁判所見聞"

| | コメント (0)

2022/08/17

Book:法情報の調べ方入門[第2版]

ローライブラリアン研究会編で、高名な同僚である指宿信教授も初版に関与していた本の第2版である。

多数の著者が関わっていて、代表者となった岩隈道洋先生はさぞ大変だったのではなかろうか。

 

 ちなみに、成城大学の法情報資料室の金澤敬子さんも分担執筆者となっている。

続きを読む "Book:法情報の調べ方入門[第2版]"

| | コメント (0)

2021/12/17

大阪弁護士会と99.9のコラボ

こりゃーすごいというほかはない。


 

続きを読む "大阪弁護士会と99.9のコラボ"

| | コメント (0)

2021/11/14

最近買った本:図説判決原本の遺産

最近買った本の中からご紹介。

Img_1495

この本は、ごく薄いものだが、数多くの古い判決原本や裁判官等の写真があって、楽しめる。

続きを読む "最近買った本:図説判決原本の遺産"

| | コメント (0)

2021/11/11

刑事確定記録の記事利用例

東京新聞「【独自】「軽い気持ちで賭けマージャン続けた」…黒川元東京高検検事長が後悔の供述 刑事裁判記録が本紙請求で開示

11月11日付けの記事には、以下のように書かれている。

本紙は今年4月、黒川氏に関する刑事裁判記録の閲覧を東京地検に請求。昨年6~7月と検察審査会の「起訴相当」議決後の2~3月の取り調べに基づく黒川氏の供述調書7点のほか、記者らの供述調書、現場写真など約200枚分の記録が今月初めに開示された。

刑事確定訴訟記録法は、刑事訴訟法53条が誰にでも閲覧させる旨の規定をおいているのを受けて、具体的手続を定めるものであるが、法律上数多くの例外規定がある。

続きを読む "刑事確定記録の記事利用例"

| | コメント (0)

2021/02/11

民事裁判IT化検討の中間試案たたき台・概要

Clubhouseでたたき台をたたくルームを実施する関係上、

中間試案たたき台の見取り図として、目次と、続きに若干の内容をまとめてみた。

 

【目次】pは中間試案たたき台のページ数

1 総論p.2

2 訴えの提起,準備書面の提出p.7

3 送達p.7

4 送付p.13

5 口頭弁論p.14

6 新たな訴訟手続p.16

7 争点整理手続等p.20

8 書証p.26

9 証人尋問等p.28

10 その他の証拠方法等p.32

11 訴訟の終了p.33

12 訴訟記録の閲覧等及びその制限p.37

13 土地管轄p.39

14 上訴,再審,手形・小切手訴訟p.39

15 簡易裁判所の手続p.39

16 手数料の電子納付p.40

17 IT化に伴う書記官事務の見直しp.42

18 障害者に対する手続上の配慮p.42

続きを読む "民事裁判IT化検討の中間試案たたき台・概要"

| | コメント (0)

2020/12/27

Book:リーガルテック活用の最前線

今年読んだ84冊目は、リーガルテック活用の最前線 ―AI・IT技術が法務を変える

 

 

ITはもちろんのことだがAIも、法律実務に与えるインパクトは大きくなる一方だ。 

続きを読む "Book:リーガルテック活用の最前線"

| | コメント (0)

2020/12/22

全国消費生活相談員協会のシンポジウムで民事裁判IT化とODRを説明

先日11月13日に、Zoomを通じて開催された全国消費生活相談員協会本部シンポジウムにお招きを受け、「消費者のための民事裁判IT化とODR」と題してお話をした。

実際には、当日先約があったため、ビデオレター的な講演となった。

 

続きを読む "全国消費生活相談員協会のシンポジウムで民事裁判IT化とODRを説明"

| | コメント (0)

2020/11/26

Web会議方式に対するプロテスト in France

フランスでは、刑事裁判で被告人を拘置施設に置いたまま「安全に」公判を開くため、ビデオ会議システムを用いるというオルドナンスに司法大臣が署名したことから、司法官組合や弁護士組合が抗議のデモを行っている。

 

"La justice n'est pas une réunion de copropriétaires" : le recours à la visioconférence aux assises inquiète les avocats

20201124-180038

写真は弁護士組合である。

続きを読む "Web会議方式に対するプロテスト in France"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧