2019/10/20

#iPhone 世にも奇妙な裁判、そして取下げ

AFPの記事によれば

「iPhoneのせいで同性愛者に」ロシア男性 訴訟取り下げ

プライバシーを侵害されるのが嫌で取下げたというのだが、それ以前の訴え提起が奇妙キテレツだ。

 

Prosecutor

続きを読む "#iPhone 世にも奇妙な裁判、そして取下げ"

| | コメント (0)

2019/09/12

lawsuit:スコットランド上級裁判所でUK議会の閉会を違法と判断

これって、どういう訴訟なんであろうか?

 

日経:英議会閉会は「違法」 スコットランド上級審

 

スコットランドの上級裁判所は11日、ジョンソン首相が10日から1カ月にわたる議会閉会を決めたことについて「違法」との判断を示した。

Img_7401

ここでいう上級裁判所というのは、Court of Sessionという裁判所の控訴部であろう。UKの最高裁判所ができるまでは、上院に上告するしかなかったもので、いわばスコットランド的には最高裁であった。

しかし、上記記事によれば、少なくとも法的拘束力のある裁判のようである。日本的にはこれこそ統治行為にほかならないかと。

続きを読む "lawsuit:スコットランド上級裁判所でUK議会の閉会を違法と判断"

| | コメント (0)

2018/10/20

Scottishがウェストミンスターで聞き取れず

英議会 スコットランドなまりキツすぎ質問聞き取れず すれ違い

イギリスの議会下院で18日、スコットランド民族党のデビッド・リンデン議員が障害者のバリアフリー対策について質問をしました。

ところが質問を受けた、ニュージーランド生まれでイギリスとの二重国籍を持つ与党 保守党のポール・ベレスフォード議員は、リンデン議員のスコットランドなまりの強い英語が聞き取れなかったため、もう一度質問するよう求めました。

このためリンデン議員は質問を繰り返しましたが、それでも理解できず、ベレスフォード議員は「本当に申し訳ない。ニュージーランドの英語で非常にゆっくりと質問をしてくれませんか」と改めて質問するよう求めました。

このやり取りに議場は笑いに包まれ、最後には副議長から文書で問題を解決するよう促されて質疑を終えました。

続きを読む "Scottishがウェストミンスターで聞き取れず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/12

Istanbul条約関係のドイツ刑法

国際書房のカタログに、以下のような題名の本が紹介されていた。

Kempe, A.: Lückenhaftigkeit und Reform des deutschen Sexualstrafrechts vor dem Hintergrund der Istanbul-Konvention. 2018/06.

「イスタンブール条約」とは、この間勉強したところだが、女性に対する暴力対策のための欧州評議会の条約である。日本は、欧州評議会にこそオブザーバー参加出来ていて、サイバー犯罪条約などに加入しているのだが、この女性に対する暴力対策を徹底する条約には、不名誉なことに、参加できていない。

続きを読む "Istanbul条約関係のドイツ刑法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/22

america:仮想通貨で保釈金納付

カリフォルニア連邦裁判所:ハッカーに仮想通貨で約8300万円の保釈金を支払うように命令

カリフォルニア連邦裁判所がビットコインでの保釈金支払いを認める

いずれも、仮想通貨の業者のニュースサイトなので、まあそういう目的で伝えているのだが、面白い話ではある。
Computer_kurayami


続きを読む "america:仮想通貨で保釈金納付"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/08

Brasil:収賄で収監中の元大統領が出馬?

大統領候補に収賄罪で実刑判決の元大統領を選出 ブラジル労働党

ブラジルの労働党は4日、サンパウロで開いた党大会で、10月に予定される大統領選の候補者に、収賄罪で実刑判決を受けて収監中の元大統領のルラ被告(72)を選出した。

記事によれば、ルラ元大統領は五輪招致の立役者で今も世論調査で一位を誇るそうだ。

続きを読む "Brasil:収賄で収監中の元大統領が出馬?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/18

ClassAction:フェイスブックの顔認識機能によるプライバシー侵害

米裁判所、フェイスブックへの集団訴訟認める 顔認識巡り

見出しが曖昧だが、要はクラスアクションによる提訴を認めたということであって、請求が認められたということではない。
Avocatsmagistrats


続きを読む "ClassAction:フェイスブックの顔認識機能によるプライバシー侵害"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/19

スペインで法実務改革用ソフトウェアのHackason

La LegalTech espagnole a organisé son #HackTheJustice avec le soutien du ministère de la Justice

Le Monde de la Justiceというオンラインメディアの記事によれば、スペインで、司法実務の改革のためのソフトウェアコンテストがあり、司法大臣がその優勝者に賞を与えたのだという。

リーガルテックLegaltechという言葉はまさにこういうところで使うべきものだと思いつつ、外国ではますます進んでいるのに、それでもなお司法分野は遅れているという認識らしい。日本の司法も全くもってノンビリはしていられないはずだ。
Dragon


続きを読む "スペインで法実務改革用ソフトウェアのHackason"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/10

Korea:韓国の憲法裁判所はこんなところ

韓国の憲法裁判所が大統領の罷免を可とする判断を示した。

ここには、以前訪問し、案内していただいたことがある。
Koreacc01Koreacc02


今日、決定が言い渡された大法廷がこの写真で、傍聴席から裁判官席を見たものと、その逆方向のものである。

続きを読む "Korea:韓国の憲法裁判所はこんなところ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/06

日韓保険法セミナー@北海道大学附属高等法政教育研究センター

今日はこのイベントがある。

Poster


【報告者】
●韓国側
鄭 燦亨(高麗大学校名誉教授)
「最近の韓国商法(保険編)の改正について」
金 祥洙(西江大学校法学専門大学院教授)
「保険会社の不当提訴の抑制-訴訟管理委員会を中心に」

●日本側
河森計二(小樽商科大学商学部教授)
「傷害保険における事故の外来性について」
三宅 新(北海道大学大学院法学研究科准教授)
「犯罪免責条項の撤廃と重大事由解除によるその代替」

【司会】
鄭 敬永(成均館大学校教授)
町村泰貴(北海道大学大学院法学研究科教授)

続きを読む "日韓保険法セミナー@北海道大学附属高等法政教育研究センター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧