2019/10/29

Book:パパは女子高生だった(読了)

今年読んだ59冊目である。

パパは女子高生だった――女の子だったパパが最高裁で逆転勝訴してつかんだ家族のカタチ

もうタイトルであの人かなとピンとくる。

 

続きを読む "Book:パパは女子高生だった(読了)"

| | コメント (0)

2019/10/09

Femme:厚労省による困難を抱えた女性支援・報告書

厚労省が「困難な問題を抱える女性への支援のあり方に関する検討会中間まとめ案」を公表した

まだ全部を読めていないが、重要な方向性が示されている。

Mamabebe

続きを読む "Femme:厚労省による困難を抱えた女性支援・報告書"

| | コメント (0)

2019/09/19

jugement:同性カップルの事実婚

いずれ正確な判決文が公表されることと信じたいが、とりあえず備忘的に書いておこう。

同性カップルの事実婚も「法的保護」認め、不貞行為の元パートナーに賠償命令…原告側「画期的な判決」

宇都宮地裁真岡支部(中畑洋輔裁判官)は9月18日、事実婚の破綻を原因とする損害賠償請求を認容した。

その判決文中にて、以下のように書かれているところが凄い。

Rainbeau

続きを読む "jugement:同性カップルの事実婚"

| | コメント (0)

2019/05/27

Symposium:子の最善の利益保護とADR(家事調停)のあり方

昨年の仲裁ADR法学会で聴講したシンポジウムのスクリプトが、学会誌「仲裁とADR」14号に掲載された。

 

その時の記事が「子の最善の利益保護とADR(家事調停)のあり方」で、それを改めて再確認することができる。

続きを読む "Symposium:子の最善の利益保護とADR(家事調停)のあり方"

| | コメント (0)

2019/02/27

politique:野田聖子議員による女性政治塾

東京女性政治塾、始動。

 

野田聖子代議士が創設するそうだ。

続きを読む "politique:野田聖子議員による女性政治塾"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/17

child:共同親権問題

離婚後の共同親権問題について、進展がありそうである。

 

その前に、でたばかりのこの本『離婚後の共同親権とは何か 子どもの視点から考える』を読んでみよう。流石にでたばかりで、妻も持っていなかったので、アマゾンで注文した。

 

続きを読む "child:共同親権問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/14

femme:全国女性シェルターネットによる野田市女児殺害事件への声明

全国女性シェルターネットによる表記の声明が出されている。

 

千葉県野田市のDV・虐待事件についての声明

 

子供の虐待死といういたましい事件に世間は今、モラル・パニックの真っ最中であるが、その矛先を母親に向ける傾向が一部であるし、警察も母親を共犯扱いしている。
他方で、児童相談所に対する批判には、反論もある。

 

Mamabebe

 

 

 

続きを読む "femme:全国女性シェルターネットによる野田市女児殺害事件への声明"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/10

Lawyer:女性法曹の割合

女性活躍 検事も…4人に1人に

記事によれば、「昨年3月末の女性検事は482人と全体(1957人)の25%を占め、10年前の約1・6倍に達した」という。

これに対して裁判官は、「2018年12月時点で、全体の22%にあたる773人を女性が占め、割合は10年前より6ポイント増えた。近年は、新たに任官する裁判官のうち、女性は3~4割に上る」という。
Justicepolonaise


続きを読む "Lawyer:女性法曹の割合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/27

edu:大学のセンセイが女子学生にミニスカ履いてこいという

広島大学である。
男性講師、女子学生にミニスカート着用を指示

講師は2014年度から4年間にわたり、入学案内などに載せる写真を撮影する際に、複数の女子学生にミニスカートやホットパンツを着てくるよう指示。撮影した写真を女子学生の自宅に郵送した。

記事からは、今一つ実際の所がよく分からないが、しかし直感的にはしてはならないことに属する行為であろう。

広島大学の処分の公告

続きを読む "edu:大学のセンセイが女子学生にミニスカ履いてこいという"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019/01/21

Mariage pour tous au Japon

2月14日、同性婚を求める同性カップル13組が、東京、大阪、札幌、名古屋の4地裁で国を相手取り、一斉に提訴する。

残念ながら日本ではまだ同性同士の婚姻を法的に認めていないので、婚姻届を提出した同性カップルはその不受理を受けて、裁判でその不当性を訴えるわけだ。

続きを読む "Mariage pour tous au Japon"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧