« 2024年5月 | トップページ

2024/06/23

Book:赤と青のガウン オックスフォード留学記

今年読んだ22冊目は、Xでバズったことをきっかけに文庫化され、さらにベストセラーとなった彬子女王の『赤と青のガウン オックスフォード留学記

皇族という特殊な家の娘さんが留学されると、そこには留学生の多くが味わう苦労と喜びが待っていた。

続きを読む "Book:赤と青のガウン オックスフォード留学記"

| | コメント (0)

2024/06/21

Book:月下のサクラ

今年読んだ21冊目は、昨日紹介した『朽ちないサクラ』の続編『月下のサクラ

主人公の森口泉は警察官となり、念願かなって分析チームに配属された。

続きを読む "Book:月下のサクラ"

| | コメント (0)

2024/06/20

Book:朽ちないサクラ

今年読んだ20冊目は柚月裕子の『朽ちないサクラ

あの、杉咲花主演でこの6月から映画化される原作である。

続きを読む "Book:朽ちないサクラ"

| | コメント (2)

2024/06/10

Book:わたしのいないテーブルで

今年読んだ19冊目は、丸山正樹さんのデフ・ヴォイスシリーズ『わたしのいないテーブルで』である。

今まで、コーダとしての孤独感に重心のあったこのシリーズだが、反転して家族の中で聞こえない「私」の心理に焦点があたっている。

続きを読む "Book:わたしのいないテーブルで"

| | コメント (0)

2024/06/09

Book:「裁判官」の良心とはなにか

今年読んだ18冊目は、話題の国を提訴した部総括判事の『「裁判官の良心」とは何か

竹内浩史裁判官は、弁護士任官で裁判官となった経歴であり、また裁判官ネットワークの残された中心メンバーでもある。

 

続きを読む "Book:「裁判官」の良心とはなにか"

| | コメント (0)

« 2024年5月 | トップページ