« 2022年10月 | トップページ

2022/11/30

Book:准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

今年読んだ78冊目は『准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく

 

この巻の目玉は、彰良のイギリス滞在である。

続きを読む "Book:准教授・高槻彰良の推察4 そして異界の扉がひらく"

| | コメント (0)

2022/11/26

Book:准教授高槻彰良の推察3 祝と呪いの語りごと

今年読んだ77冊目は『准教授高槻彰良の推察3 祝と呪いの語りごと

 

この巻では、ケンちゃんと彰良の出会いやケンちゃんが幽霊を怖がる原因となる事件が、エピローグのように挟み込まれているのが目玉か。 

続きを読む "Book:准教授高槻彰良の推察3 祝と呪いの語りごと"

| | コメント (0)

2022/11/25

Book:准教授高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る

今年読んだ76冊目は、テレビドラマにもなった『准教授高槻彰良の推察2

 

 1だけ読んでドラマを見て満足していたが、久しぶりに出でいるのを見たら、続きものであり、2から順に後を追っていかないと最新刊を読めないのである。

続きを読む "Book:准教授高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る"

| | コメント (0)

2022/11/24

Book:弁護士のための史上最悪の離婚事件

今年読んだ75冊目は、Twitterでおなじみ赤ネコ先生の『弁護士のための史上最悪の離婚事件

 

私は弁護士ではなく、むしろ現在のところ依頼人側であるので、そのような目で読んだ。他山の石。 

続きを読む "Book:弁護士のための史上最悪の離婚事件"

| | コメント (0)

2022/11/17

Comic:アンサングシンデレラ8&9

今年読んだ73冊74冊目は、アンサングシンデレラ89

 

実は7も一緒に買ったのだが、実は前に読んでいた

続きを読む "Comic:アンサングシンデレラ8&9"

| | コメント (0)

2022/11/16

Book:陰謀論

今年読んだ72冊めは、中公新書の『陰謀論

 

この本は、陰謀論がなぜ信じられてしまうのか、それを信じる、あるいは多少ともありそうだと考える人達のメディア利用形態とか政治意識などの傾向とクロスさせて興味深い観測を展開している。

ま、陰謀論にハマっちゃうのは総じてアホと思うのだが、自分だって時としてそのアホの一員となりかねないことは自覚しておかねば。 

続きを読む "Book:陰謀論"

| | コメント (0)

2022/11/15

Book:八丁堀のおゆう-司法解剖には解体新書を

今年読んだ71冊目は、大江戸科学捜査シリーズの第9巻『八丁堀のおゆう-司法解剖には解体新書を

 

お話の中身はいつもどおりなのだが、題材は江戸の連続不審死事件。こいつは怪しいと睨んだお奉行からの内密捜査指令が下ったのだ。

続きを読む "Book:八丁堀のおゆう-司法解剖には解体新書を"

| | コメント (0)

2022/11/14

Book:痴漢を弁護する理由

今年読んだ70冊目は『痴漢を弁護する理由

 

これは、弁護士がどのような思いで犯罪を犯した人の弁護をしているのか、そして裁判官や検察官はどのような思いでこれを取り扱い、被告人や被害者やそれらの家族がどのような思いでいるのかを、それぞれの視点から描き出した小説であり、読み応えのある力作であった。

続きを読む "Book:痴漢を弁護する理由"

| | コメント (0)

2022/11/12

comic:ラストカルテ1-3

今年読んだ67〜69冊目は、ラストカルテ1〜3

 

少年サンデー連載の漫画とあって、高校生が主人公になっているが、大学生が主人公の方が似合う役柄だ。

そして何よりも面白いのは、法獣医学というジャンルとのこと。 

続きを読む "comic:ラストカルテ1-3"

| | コメント (0)

2022/11/11

Book:小麦の法廷

今年読んだ66冊目は『小麦の法廷


 


これは面白い。新人で宅弁となっている弁護士が、国選で引き当てた傷害事件の被告人が別の殺人事件のアリバイ工作として犯人になっていると警視庁刑事に告げられ、殺人事件で立件できるように無罪判決を勝ちとってほしいと依頼されるのだ。


それとは別に、知り合いのツテで相続対象財産の共同所有者捜索も引き受けるが、この2つは絡み合うことになる。


続きを読む "Book:小麦の法廷"

| | コメント (0)

2022/11/08

Book:水野浩二『葛藤する法廷---ハイカラ民事訴訟と近代日本』

今年読んだ65冊目は、前から読みたい読みたいと思っていた前任校の同僚の『葛藤する法廷

 

明治民訴と大正民訴を法制史的に描いたもので、ドイツ風の明治民訴の「不干渉主義」(処分権主義と弁論主義で釈明権行使は消極的な訴訟指揮)に対する反発の大きさと、さりとて干渉すればそのやり方にはまた不平不満や酷評が来るという姿を法律新聞の記事から浮き彫りにし、その上で大正民訴の立法過程を明らかにするというもの。

続きを読む "Book:水野浩二『葛藤する法廷---ハイカラ民事訴訟と近代日本』"

| | コメント (0)

2022/11/05

comic:乙嫁語り14

今年読んだ64冊目は、お久しぶりの乙嫁語り14

 

 中央アジアの草原の民をテーマとするこの漫画も、時代の影響下、ロシアの圧迫にどう立ち向かうのかがこの巻の主題だ。

続きを読む "comic:乙嫁語り14"

| | コメント (0)

2022/11/04

Book:フランス7つの謎

今年読んだ63冊めは小田中直樹さんの『フランス7つの謎

 

これは面白い。特に端書きでフランスにカルチャーショックを受けるという話は、全フランス留学経験者に共通のものではなかろうか? 

また歴史の専門家だけに、歴史的な分析が心地よく展開される。 

続きを読む "Book:フランス7つの謎"

| | コメント (0)

2022/11/03

comic: #川原泉 #福田素子 デジタル原始人

今年読んだ62冊めは カーラ教授が手を痛めたことで決心したデジタル化のトホホ記録「デジタル原始人


 


福田さんとの二人連れで、迷走を続けるうちにコロナ禍襲来。 

続きを読む "comic: #川原泉 #福田素子 デジタル原始人"

| | コメント (0)

« 2022年10月 | トップページ