« Book:倒産法入門―再生への扉 | トップページ | Book: #不可逆少年 by #五十嵐律人 »

2021/07/11

#五輪 関係者は厳しいルールを守るかどうか

オリンピックでは、来日する関係者に厳しいルールを設定し、サンクションも設けて、海外からの感染を防ごうとしているが、うまくいくのだろうか?

ひとつ、早くも綻びが報じられている。

五輪プレスセンター内で食べ歩きにノーマスク 海外関係者の「ルール破り」に組織委の見解は?

 

960x614_sortjeunesentremainsjusticeillus しかし、厳しいルールを定めても、従わない外国人が出てくることは想定内だし、厳しいルールと制裁を振りかざせば、隠れて、嘘ついて、かいくぐろうという反応になるのは当然だろう。
子育てしたことがあれば分かるだろう。

もう少しいうと、厳しいルールというのが適用される人が納得して受け入れる、つまり内面化されるのであれば、みんなそれに従う様になるが、そうでなければ、単なる鬱陶しい制約で、人が見ていなければ従わないし、見つかってもかえって見咎める方に食ってかかる。

制裁を強化するのも考えもので、重罰化はかえって摘発を難しくする。
だいたい、殺人とか窃盗とかと違って、本来的にやっちゃいけないことではない行為に重罰をもって禁止しても、それを見咎める方だって内面化しづらいから、お目溢しが多数、見て見ぬ振りをする方にいく。

そしてそれでも杓子定規に適用しようとする人は、日本社会でもだいたい嫌われる。学級委員だの風紀委員だのと揶揄される。
予防接種も受けた上に毎日PCR検査を受けて陰性だと言われ続けている人たちが、なんで厳格な直行直帰に進んで従おうと思うのか、むしろそっちの方が不思議だと思わないかね。

|

« Book:倒産法入門―再生への扉 | トップページ | Book: #不可逆少年 by #五十嵐律人 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Book:倒産法入門―再生への扉 | トップページ | Book: #不可逆少年 by #五十嵐律人 »