« 2018年12月 | トップページ

2019/01/16

Book:南京事件論争史 増補版

あの、紀伊国屋書店のアカウントでツイートされてきたのが、この本。

Lateart


一九三七年一二月一三日の南京事件は明々白々な史実であるにもかかわらず、日本では否定派の存在によって、不毛で熾烈な論争が繰り返されてきた。その経緯を丹念にたどることで、否定派の論拠の問題点とトリックを衝き、論争を生む日本人の歴史認識を鋭く問う。元本刊行からの一〇年分を大幅増補した決定版。

続きを読む "Book:南京事件論争史 増補版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/15

竹田会長贈賄疑惑とFrance刑事司法

竹田恒和氏に対するフランスの司法当局の捜査は、結構な話題となっているが、日本とフランスとの司法制度の違いから、ずいぶんと誤解があるように思われるし、その誤解を利用して事態を軽く見ようとする傾向もあるので、フランス刑事司法の基本的なところを抑えておきたい。

なお、フランス刑法の実体的な側面については、園田先生の個人ニュースが参考になるが、要するに非公務員に対する贈賄が法定刑5年の拘禁と罰金(贈賄額の2倍まで可能)として処罰されるという点がポイントだ。

それよりわかりにくいのが、予審判事の捜査開始と訳されているmise en examenという表現である。
Prosecutor
これは、辞書をひくと、予審開始決定と訳されていて、従来のinculpationに代わるものと解説されている。inculpationという語は有罪を連想させるので、より客観的な、直訳すると「捜査に付す」という意味の言葉としたのである。

しかし、これはそんなに軽いものではない。

予審開始は、殺人とか強姦とかの重罪事件では、義務的であって、共和国検事は被疑者が特定されなくても当然に予審判事に事件を送って、予審判事の指揮下での捜査が始まるので、この場合はかえって「捜査開始」という日本語にぴったり来る。

しかし、予審に付すかどうかが裁量的な軽罪事件(贈収賄もこちらに入るが、殺人より軽いというだけで、日本語的に軽い罪というわけではない)では、mise en examenとなるのは嫌疑が重大でなければならない。


続きを読む "竹田会長贈賄疑惑とFrance刑事司法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/13

民訴教材:裁量移送の申立てが棄却された事例

こういうのは公表された裁判例に載らないので、外野としてはとても基調である。

続きを読む "民訴教材:裁量移送の申立てが棄却された事例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/10

かいけつサポートの広告がYoutubeに。

YouTubeを見ていたら、こんな画面が現れた。

20190110_90804


ポイントは下部に現れた広告で、法務省の認証ADRである。

続きを読む "かいけつサポートの広告がYoutubeに。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/07

Le droit, est-ce pour moi ? フリーオンライン大学より

フランスの法学入門オンライン大学授業が、パリ第2大学Panthéon-Assasで提供している。

Le droit, est-ce pour moi ?
Université Panthéon-Assas - Paris II via France Université Numérique

シラバスは、以下の通り。

Coursuniv


続きを読む "Le droit, est-ce pour moi ? フリーオンライン大学より"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/06

Book:永遠に残るは(下)

今年読んだ二冊目は、前回に引き続きジェフリー・アーチャーの永遠に残るは(下): クリフトン年代記 第7部 (新潮文庫)

妻が読み終わったので、戻ってきたのを一気読み。
Liser1


続きを読む "Book:永遠に残るは(下)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/05

FRANCEの行政裁判所がConsidérant queを使わなくなる

Nouvel Opsによると、この1月1日から、フランスの行政裁判所は判決文の書式を変え、従来のConsiderant queという定型句を使わなくするそうだ。

Considérant que la formule est désuète, la justice abandonne le "considérant que"

このConsiderant que というのは、直訳すれば「〜を考慮すると」というくらいに訳せる。
そして判決文は、全体として一文というコンセプトに基づき、以下のように構成される。
Avocatsmagistrats

裁判所は、
民法○条に照らし、
原告が〜と主張していることを考慮し、
他方、被告が〜と主張していることを考慮し、
事実は〜であることを考慮し、
法律の趣旨は〜であることを考慮し、
〜という解釈が正当であることを考慮し、
以上の理由で
以下のように判決する
原告の請求を棄却するor被告は〜をしなければならない。

この「考慮し」の部分がConsiderant que で始まる現在分詞節で、これをいくつもいくつも重ねた結果、最初の「裁判所は」に続く主たる動詞の「判決する」が来るのである。冒頭の「照らし」と書いたのはVu queである。

続きを読む "FRANCEの行政裁判所がConsidérant queを使わなくなる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/04

弁護士ドラマQUEEN

法廷シーンなしの弁護士たちだそうだ。

クイーン

続きを読む "弁護士ドラマQUEEN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュで活躍するJapanese

バングラデシュには日本人が848人しかいないそうだが、その中で、ベンガル語で歌う日本人がいる。

続きを読む "バングラデシュで活躍するJapanese"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/03

#ガラスの仮面 展 in Sendai

昨年の私法学会は仙台で開催されたので、合間に仙台文学館で開催されていたガラスの仮面展に行ってきた。

Img_6758Img_6759


会場では、美内すずえ先生のロングインタビューが流されていたが、完結まで諦めずに書くという決意を述べておられた。
ぜひ、今年はその夢を実現させていただきたい。

続きを読む "#ガラスの仮面 展 in Sendai"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/02

Book:永遠に残るは(上) #クリフトン年代記

今年読んだ1冊目はジェフリー・アーチャーのクリフトン年代記第7部、永遠に残るは(上)(新潮文庫)である。


続きを読む "Book:永遠に残るは(上) #クリフトン年代記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/01

Bonne Année!

Bonne Année, tous les amis de Matimulog !
A Happy New Year !
Matimulog読者の皆さん、明けましておめでとうございます。
今年も変わらずよろしくお願いいたします。
Bonneannee


続きを読む "Bonne Année!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ