« FRANCEの行政裁判所がConsidérant queを使わなくなる | トップページ | Le droit, est-ce pour moi ? フリーオンライン大学より »

2019/01/06

Book:永遠に残るは(下)

今年読んだ二冊目は、前回に引き続きジェフリー・アーチャーの永遠に残るは(下): クリフトン年代記 第7部 (新潮文庫)

妻が読み終わったので、戻ってきたのを一気読み。
Liser1


ついにクリフトン・バリントンの年代記が終わってしまった。

大法官のスピーチで色々と思い出され、涙なくしては読めないというのが最後である。

それにしても淡々と描かれているが、終末期医療のあり方について重大な問題提起であり、医の倫理的にも議論の素材となりうる話であった。

そんなところに目が言ってしまうのは法律家の悪い癖なのかも知れないが、人それぞれ小説の楽しみ方があるということで。

|

« FRANCEの行政裁判所がConsidérant queを使わなくなる | トップページ | Le droit, est-ce pour moi ? フリーオンライン大学より »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/67558600

この記事へのトラックバック一覧です: Book:永遠に残るは(下):

« FRANCEの行政裁判所がConsidérant queを使わなくなる | トップページ | Le droit, est-ce pour moi ? フリーオンライン大学より »