« リーガルVについての不満 | トップページ | Book:虚ろな十字架 »

2018/11/17

misc.文科省の劣化はとどまるところを知らず

我が職場の監督官庁ながら、もう情けない限りだ。

警察へ利用者情報 任意協力の提供に疑問視も-苫小牧市立中央図書館

図書館が見識(記事中の鈴木正朝教授によれば「常識」)を持った職員を擁していないというのも残念なことではあるが、文科省の対応はなんなんだ?

警察からの要請を受け、市教委は文部科学省に対応について問い合わせたところ、「各自治体の判断だが、応えても特に問題になる案件ではない」との回答を得たという。

ここは、有川浩の図書館戦争を100回読んで感想文を書かせる刑に処すべきであろう。

もし、文章を読むのは辛いと言うなら、メディアミックスが進んでいるのだから、いろいろな手段がある。

ちなみに、日本図書館協会のページでも図書館の自由に関する宣言は読むことができる。

|

« リーガルVについての不満 | トップページ | Book:虚ろな十字架 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/67386730

この記事へのトラックバック一覧です: misc.文科省の劣化はとどまるところを知らず:

« リーガルVについての不満 | トップページ | Book:虚ろな十字架 »