« lawyer:大量懲戒請求に対する提訴 | トップページ | 11月3日は憲法公布記念日 »

2018/11/03

Franceのタバコ事情

もう一つ、タバコ関連の記事があった。といっても有料会員向けなので、途中までしか読めないが。

「屋内全面禁煙」でもパリはやっぱり“たばこ天国”

欧米では屋内禁煙が徹底していてエライという人が散見されるが、少なくともフランスでは歩きタバコは合法で、ポイ捨ても常識に反するとは思われておらず、高校とかでも生徒が出入りする入り口の横で先生とか職員とかが朝の一服を楽しんでいる光景はザラに目にする。

一度、レストランの中でご一緒した先生に、「日本では外でタバコを吸っては行けないけど屋内ならいいって聞いたけど、アホじゃないの」的なことを言われた。

個人的には、外で煙草を吸うのも、周囲に迷惑な存在なんだぞと思うが、確かに歩きタバコが駄目なのに屋内なら許されるというのはほとんどクレージーかもしれない。

オリンピックで来日した外国人が、この逆立ちした不思議の国ニッポンで何を思うか、今から楽しみではある。

|

« lawyer:大量懲戒請求に対する提訴 | トップページ | 11月3日は憲法公布記念日 »

フランス法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/67338644

この記事へのトラックバック一覧です: Franceのタバコ事情:

« lawyer:大量懲戒請求に対する提訴 | トップページ | 11月3日は憲法公布記念日 »