« 9.11のテロ、最初の攻撃から次の攻撃までの現場 | トップページ | Istanbul条約関係のドイツ刑法 »

2018/09/10

US Open 大坂ナオミ、おめでとう

最初は、単純に快挙の報で、素直におめでとうという気持ちが100%
次に、表彰式でブーイングだった、それもセリーナの復活の期待が現地で強くて、とかいう話で、ナオミちゃんが飄々と受け流したのかと思った。
他方で、大坂ナオミの人種問題やら国籍問題やら言い出すのが目に付き、雑音うざい、これだからネットメディアは味噌と糞がごたまぜだと、いつもの思い。

しかしだんだん、セリーナが女性差別・人種差別の被害者みたいなことが出てきて、何を言ってるんだ、大坂ナオミこそそうしたマイノリティではないかと、事情がよくわからなくなった。

だいたい、ここまでの段階で試合の映像は日本のメディアが切り取ったニュース映像だけで、中継はおろか録画すら有料放送に契約しなければならず、広告モデルや受信料モデルで出来ている一般放送に依存している庶民はどんどん情報弱者となることを、またスポーツビジネスと放送ビジネスの強力さに打ちひしがれていた。

そしたら、今朝、読んだ記事がこれ。

USオープン ウィリアムズ=大坂 ドラマにみるマイノリティ女性選手の葛藤と連帯

こんな事になっていたのかと、驚いた。まあそのコメント欄の記述を見るうちに、少し立ち戻って来たのだけど。

そして次の見たのが次の動画。セリーナの抗議のシーンを中心に編集されているので、そのあたりが極めて強調されることを割り引いても、どうしようもなく負の感情にスパイラルに陥ってしまったプロセスが見えるようだ。

これを見てセリーナが悪いと居丈高に断罪する人もいるだろうが、そうは割り切れない。

でも、とにかく大坂ナオミこそとんだ決勝戦になってしまって、気の毒というほかはない。今朝見た彼女の一夜明けたインタビューというのも、なんだか泣き腫らしたような感じで、これは感情移入しすぎかもしれないが。
とにかく彼女には、これからのテニス人生でUS Open初優勝のエピソードが小さな一コマになる程度まで活躍して、笑って振り返ることができるようになれることを望むばかりだ。

|

« 9.11のテロ、最初の攻撃から次の攻撃までの現場 | トップページ | Istanbul条約関係のドイツ刑法 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/67150960

この記事へのトラックバック一覧です: US Open 大坂ナオミ、おめでとう:

« 9.11のテロ、最初の攻撃から次の攻撃までの現場 | トップページ | Istanbul条約関係のドイツ刑法 »