« YouTube:岡口裁判官と弁護団の審問期日後の記者会見 | トップページ | robo:いとうまいこさんの研究活動(訂正あり) »

2018/09/18

Juge:藤井(桜井)龍子・元最高裁判事

産経新聞サイトに大きく載っている。

元最高裁判事・桜井龍子(1)裁判官になったら「桜井」に

夫婦同姓強制制度の下、通称使用で不利益が緩和されると書いた大法廷の一員だったが、法廷意見はこの桜井判事ら三人の女性判事のいる前で、よくああいうことを書いたものだと思う。

「労働や女性の分野は専門なので、存分に自分の意見を打ち出しました。裁判官は、その事案について最終決定をすることができ、判決は類似の事案全てに効力を持つ。そんな素晴らしい仕事はないですよ。」

さて、下級審の裁判官の女性比率はどうか。
検事については、以下のように書かれている。→女性検事増加、全体の4分の1に

事件の発生に左右される激務の検事。2000年3月末時点では1割に満たなかった女性が、18年3月末には約4人に1人の482人まで増えた。司法分野の裁判官や弁護士よりも、女性の多い職場になっている。

しかし、本当にそうなんだろうか?
統計が古いのだが、2016年段階の弁護士白書の統計によると、当時、検察官の女性比率は22.9%だが、検察官数は1930人であった。これに対して裁判官の女性比率は25.6%。この時点では裁判官こそが四人に一人というレベルであった。

その後、逆転したのであろうか?

なお、司法のジェンダーバイアスに関しては、今なお以下の書物を参考。

|

« YouTube:岡口裁判官と弁護団の審問期日後の記者会見 | トップページ | robo:いとうまいこさんの研究活動(訂正あり) »

法と女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/67181190

この記事へのトラックバック一覧です: Juge:藤井(桜井)龍子・元最高裁判事:

« YouTube:岡口裁判官と弁護団の審問期日後の記者会見 | トップページ | robo:いとうまいこさんの研究活動(訂正あり) »