« consumer:日本版クラスアクションの法制定効果 | トップページ | book:倭国 »

2018/09/30

逃げた新潮45について

東京五輪のやりがい搾取に物申してくれたおじさんが、新潮45についても叫んでいるのを、遅ればせながら発見したのでご紹介。

もう廃刊するといって白旗上げたものを、後からごちゃごちゃ言うのは見苦しいという感じで、水に流されそうになっているけど、やはりここで言われていることは大事なことなので、何回でも見よう。

それに、新潮45はごめんなさいと言って廃刊しても、そこで杉田水脈擁護の文章を晒した人々は何の痛痒も感じていないだろうし、当の杉田水脈議員も、それを支持する自民党諸氏も有権者も、新潮45廃刊のカゲに隠れて、あえて言うならのうのうとしている。

このままなら、LGBTは生産性がないという言葉はタブーという言葉狩りを残して、差別も差別意識も温存という結果になりかねない。

で、こういう番組を見るのは辛いけれども、あの小川榮太郎氏と鈴木賢教授とが直接対峙してバトルするアメーバのプログラムも貴重だ。こうした議論は、たかだか一つの雑誌の休刊宣言で葬り去られるべきではない。

|

« consumer:日本版クラスアクションの法制定効果 | トップページ | book:倭国 »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/67223208

この記事へのトラックバック一覧です: 逃げた新潮45について:

« consumer:日本版クラスアクションの法制定効果 | トップページ | book:倭国 »