« event-ADR:全国仲裁センター連絡協議会in群馬 | トップページ | court:裁判傍聴で暴行 »

2018/08/19

Book:過ぎ去りし王国の城

今年読んだ14冊目は宮部みゆきの過ぎ去りし王国の城 (角川文庫)

ま、宮部みゆきだけあって期待は裏切られないのだが、この物語は宮部みゆきの子どもファンタジーに属する。その中でも、ゲームのシナリオみたいなのとはかなり違った趣で、どちらかと言うと初期の作品、龍は眠る (新潮文庫)あたりに似た感じもするし、学校ものとしてはソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきを思い出させるところもある。

しかしまあ、絵に入っちゃうところはルイス・キャロルですかという感じだったりもするが、それとは似ても似つかない。

Liser1


|

« event-ADR:全国仲裁センター連絡協議会in群馬 | トップページ | court:裁判傍聴で暴行 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/67074599

この記事へのトラックバック一覧です: Book:過ぎ去りし王国の城:

« event-ADR:全国仲裁センター連絡協議会in群馬 | トップページ | court:裁判傍聴で暴行 »