« book:和解は未来を創る | トップページ | Book:家族と倒産の未来を拓く »

2018/04/16

Book:法学の誕生

あの内田貴先生が法の歴史を扱う書物を出した、ということで一部で話題となっていたのが本書である。

端書を読むと、あの坂の上の雲で有名となった秋山兄弟に向こうを張って、法学分野でも目覚ましい活躍をした兄弟として穂積兄弟がいるとされている。
また終わりにで開陳されている、本書を書くに至った経緯は、法学入門を書くという企画から始まっていたということである。


Img_5393


日本の近代法が明治維新後の法典編纂期にあり、お雇い外国人の群像とともに、歴史的興味の尽きない局面であることは論を待たず、そこに内田先生が切り込んでいくというので、まだ読んでいないが、ワクワクものである。

|

« book:和解は未来を創る | トップページ | Book:家族と倒産の未来を拓く »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/66618053

この記事へのトラックバック一覧です: Book:法学の誕生:

« book:和解は未来を創る | トップページ | Book:家族と倒産の未来を拓く »