« cinema:猿の惑星 創世記 | トップページ | jugement民訴教材:事実の確認を求めた事例 »

2018/03/20

破産教材 財産隠し

重文の資産隠しで元会社役員に有罪 東京地裁
重文の資産隠し
短い記事なので推測を交えるが、破産者が京都国立博物館に預けていた国指定重要文化財の「紙本著色源宗于像」など、所有していた7点(計7億9600万円相当)を、管財人に所在不明と偽って隠していたというのである。

しかも、博物館から届く通知の宛先を夫に変更して、発見を困難にしたということなので、例の管財人の郵便開披権がそれなりに有効な財産探索手段であることを、裏から明らかにしている例といえる。

電子メールが連絡手段の中心となっている現代、破産実務において郵便だけでなくメールも管財人が把握できるべきだと思うが、そうこうしているうちにSMSやメッセージソフトが連絡手段の一翼を担い、破産者の財産情報の把握は困難になりつつあるのではなかろうか。

この辺りの実務上の工夫とか一般的なレベル感を知りたいところではある。

|

« cinema:猿の惑星 創世記 | トップページ | jugement民訴教材:事実の確認を求めた事例 »

裁判例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/66517720

この記事へのトラックバック一覧です: 破産教材 財産隠し:

« cinema:猿の惑星 創世記 | トップページ | jugement民訴教材:事実の確認を求めた事例 »