« cinema:ウィンストン・チャーチル | トップページ | BOOK:司法の現場で働きたい »

2018/03/07

cinema:ダンケルク

今年見た映画の8本目にして、ウィンストン・チャーチルの直後に見たのが、この「ダンケルク」である。

チャーチルを見た直後とあって、まさしく予習はバッチリ。

そのダンケルク脱出大作戦を描いた映画。
民間の小型船舶が政府の徴用に応じ、戦場に乗り出していく様は、さながらかつての映画インデペンデンスデイみたいだ。
しかし福一事故の時も、緊急の注水にキリンを差し出した民間企業のかっこよさを覚えている。その感動が蘇る。
映画の作りも、いくつかの軸を同時並行的に見せる手法で、効果的だった。

なんだかネットの評判は芳しからぬようなのだが、戦史ものとして必見ではなかろうか?

|

« cinema:ウィンストン・チャーチル | トップページ | BOOK:司法の現場で働きたい »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/66468497

この記事へのトラックバック一覧です: cinema:ダンケルク:

« cinema:ウィンストン・チャーチル | トップページ | BOOK:司法の現場で働きたい »