« cinema:ハッピーフライト | トップページ | policy:夫婦別姓選択制を容認する人たちの割合が増える »

2018/02/08

law:有斐閣のゆるキャラ

どうした有斐閣? 由緒ある社章がゆるキャラ化 営業部長に理由を聞く「堅いイメージ、内部でも議論が…」

代表的な法律出版社として自他ともに認める存在が、最近、はっちゃけているのではないかという話題である。
Carnaval


もっとも、記事の中で取り上げられているのはゆるキャラとかろけっとぽっぽーの話にとどまり、有斐閣が一時期盛んに行っていたSNSの情報発信には触れられていない。

有斐閣が、フランスのDallozとかのように本格的にネット環境を活用する方向に進むことを心から祈っている者としては、ゆるキャラも良いが、SNSの活用、電子書籍のオンライン化、ちょっと死語だがマルチメディア化というかハイパーテキスト特性の全面的な活用など、そういうことを期待する。

例えば、かつて有斐閣が一度だけ出した「法律事件百選」(正確なタイトルは忘れたが)を様々な映像資料などと組合せて提供するのはいかがであろうか?

|

« cinema:ハッピーフライト | トップページ | policy:夫婦別姓選択制を容認する人たちの割合が増える »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/66371305

この記事へのトラックバック一覧です: law:有斐閣のゆるキャラ:

« cinema:ハッピーフライト | トップページ | policy:夫婦別姓選択制を容認する人たちの割合が増える »