« Book:弁護士の格差 | トップページ | univ:他山の石:大学の現状を示す一つの文書 »

2018/01/22

cinema:ジャッジ

今年見た映画5本目は、ジャッジ 裁かれる判事 [DVD]

NHK BS Premiumで見たのだが、以前にも見ていたとばかり思っていたところ、実は見ていなかったことが最後まで見てわかった。

飛行機内で値落ちしながら見たのか、はたまた映画館での予告編を見て見た気になっていたのか、ともかく息子の弁護士がお父さん裁判官を弁護するという骨格しか知らず、ディティールも結末も意外なものであった。

法的に見るべきところがあるわけではないが、母の死を理由に予備審問期日の延期を求めて帰省した弁護士が、そのままインディアナにいついてしまったらしいところとか、予備審問でトライアルが決定してからすぐに陪審審理が始まるところとか、あれっと思うところがないではない。
Dscf2127

それでも、なんとも印象的な映画であった。

|

« Book:弁護士の格差 | トップページ | univ:他山の石:大学の現状を示す一つの文書 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/66311429

この記事へのトラックバック一覧です: cinema:ジャッジ:

« Book:弁護士の格差 | トップページ | univ:他山の石:大学の現状を示す一つの文書 »