« comic:そこをなんとか10〜13 | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復制度に期待される事例から浮かび上がる課題 »

2017/12/19

スペインで法実務改革用ソフトウェアのHackason

La LegalTech espagnole a organisé son #HackTheJustice avec le soutien du ministère de la Justice

Le Monde de la Justiceというオンラインメディアの記事によれば、スペインで、司法実務の改革のためのソフトウェアコンテストがあり、司法大臣がその優勝者に賞を与えたのだという。

リーガルテックLegaltechという言葉はまさにこういうところで使うべきものだと思いつつ、外国ではますます進んでいるのに、それでもなお司法分野は遅れているという認識らしい。日本の司法も全くもってノンビリはしていられないはずだ。
Dragon


今年の12月13日にマドリッドで司法大臣が授けた優秀作品は、弁護士のための業務改善ツール、DV被害者が助けを求めるためと証拠保全するための隠れたアプリ、そしてチャットボットのツールであった。

そしてスペインのRafael Catalá司法大臣は、法律分野におけるデジタル化の必要性を延べ、司法省の優先的課題の一つであることを強調した。「この歩みは遅いものだが、後戻りはしてはならない」と。

|

« comic:そこをなんとか10〜13 | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復制度に期待される事例から浮かび上がる課題 »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/66177091

この記事へのトラックバック一覧です: スペインで法実務改革用ソフトウェアのHackason:

« comic:そこをなんとか10〜13 | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復制度に期待される事例から浮かび上がる課題 »