« Book:リーガルテック | トップページ | comic:そこをなんとか10〜13 »

2017/12/15

Book:裁判官! 当職そこが知りたかったのです。

今年読んだ55冊目は裁判官! 当職そこが知りたかったのです。 -民事訴訟がはかどる本-

あの白ブリーフ判事として有名になった岡口基一判事とユーモラスなマンガ付きブログで有名な中村真弁護士がタッグを組んだ、民事裁判の実務に関する対談である。

弁護士からみて裁判官は何を考えてるのか、知りたいことをどんどん聞くというコンセプトなので、実務家ではない私達にも興味深い話が色々と出ている。
Liser2

それにしても驚いたのは、岡口判事の和解率が7割ということだ。統計によれば、終局原因の中で和解は概ね25%から30%程度を占めている。この中には取下げ等もあり、またいわゆる欠席判決もあるので、岡口判事のいう7割という数字の母数がそれらも含んだものかどうかは分からないが、ともあれ、高率である。

なお、岡口判事は法曹界のIT化を進めたいとの意欲を何度か表明されている。是非、活躍して欲しいところだ。

|

« Book:リーガルテック | トップページ | comic:そこをなんとか10〜13 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/66159353

この記事へのトラックバック一覧です: Book:裁判官! 当職そこが知りたかったのです。:

« Book:リーガルテック | トップページ | comic:そこをなんとか10〜13 »