« Book:ナミヤ雑貨店の奇蹟 | トップページ | election:最高裁裁判官の国民審査、この間の大法廷判決も参考にしよう »

2017/10/11

election:2017年衆院選の女性候補者割合比較

衆院選のニュースで、女性候補者の数を比較した記事があったので、主要な政党について調べてみた。

今回の衆院選立候補者1180人のうち、女性候補者は209人で、全体の17・71%だった。

前回2014年の衆院選と比べて11人多く、全候補者に占める女性の割合は、戦後最高となった。

 女性候補者を政党別にみると、共産党が58人と最も多く、希望の党が47人、自民党が25人、立憲民主党が19人などと続いた。女性の候補者数は、09年衆院選(229人)、12年同(225人)に次いで3番目に多い。


記事にはでてきていないが、公明と社民がそれぞれ5人つづ、維新が4人、女性候補者がいる。

これを各党の全候補者数の中の比率としたのが次のグラフである。
20171011_093722


女性議員を増やすには女性候補者が増えなければ話にならないのだが、自民党は最大人数を擁立しているものの、比率的には全くお話しにならないレベルである。

立憲民主党については、候補者選定がかなり偶然に左右されていたと思われるが、結果的にはこの中での女性比率最多に輝いた。

|

« Book:ナミヤ雑貨店の奇蹟 | トップページ | election:最高裁裁判官の国民審査、この間の大法廷判決も参考にしよう »

法と女性」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/65903196

この記事へのトラックバック一覧です: election:2017年衆院選の女性候補者割合比較:

« Book:ナミヤ雑貨店の奇蹟 | トップページ | election:最高裁裁判官の国民審査、この間の大法廷判決も参考にしよう »