« Book:ルビンの壺が割れた | トップページ | SBC検証プロジェクト »

2017/10/30

Book:ブラックボックス

今年読んだ49冊目は、伊藤詩織さんのBlack Box

告発の手記である。

事件自体は、彼女の記者会見や検察審査会申立てとその顛末、そしてここでも安倍首相夫妻の影がちらついていて、かなり有名になっている。

酒に酔って、あるいは薬物を飲まされて意識と記憶が飛んでいる状態にされたところをレイプされたという彼女の訴えは、しかしながら、その加害者を逮捕起訴するには至らず、現在は民事訴訟で争っているところである。
加害者とされる相手は、性行為をしたことは認めたものの、レイプは否定している。

彼女の言い分は、本書をお読みになるとよい。

それとともに、レイプ被害にあった時に被害者としては何をすべきかも、本書を読んで考えておくと良いと思う。何ごとにつけても、証拠確保は大事だし、弁護士の助けは必要だ。そして性犯罪の場合は特に、心身のダメージを癒す必要がある。そうしたことは、助けがなければできない。
Liser1


|

« Book:ルビンの壺が割れた | トップページ | SBC検証プロジェクト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/65982935

この記事へのトラックバック一覧です: Book:ブラックボックス:

« Book:ルビンの壺が割れた | トップページ | SBC検証プロジェクト »