« 2017年6月 | トップページ

2017/07/20

court:最高裁が傍聴人に説明資料を配布(追記アリ)

えっ、と驚くような話だが。

傍聴人に「争点」説明資料 最高裁、初めて配布

どうした最高裁、とか茶化してはいけないだろう。

19日に行われた昨年参院選の「1票の格差」を巡る上告審弁論で、最高裁は傍聴人に裁判の概要や争点を説明する資料を配った。最高裁がこうした説明資料を傍聴人に提供するのは初めて。裁判を分かりやすく傍聴してもらう狙いがある。

 「傍聴人の皆様へ」と書かれたA4用紙1枚の資料は、大法廷の入り口付近で希望者に配られた。争点について「投票価値の平等の観点から定数配分の憲法適合性が争われている」と説明。高裁判決16件のうち10件が「違憲状態」と判断したことなども記した。

 最高裁は今後も大法廷で審理する裁判などを対象に配布を検討する。


Temis1


続きを読む "court:最高裁が傍聴人に説明資料を配布(追記アリ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

book:桜風堂ものがたり

今年読んだ36冊目は本屋大賞ノミネートの桜風堂ものがたり


続きを読む "book:桜風堂ものがたり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

proc.civ.:民訴教材:時機に後れた攻撃防御方法の却下例

知財高判平成29年1月18日裁判所WEB(平成28(ネ)10032号)には、時機に後れた攻撃防御方法の却下が行われている。

事案は日亜化学が発光ダイオードに関する特許侵害訴訟提起のプレスリリースをしたことについて、その侵害者側の事業者が差止めと損害賠償を求めたというものである。

時機に後れた攻撃防御方法の却下については、以下のように判断されている。
Temis2


続きを読む "proc.civ.:民訴教材:時機に後れた攻撃防御方法の却下例"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/16

misc.男が暴れて飛行機が引き返す

鹿児島発大阪行きの全日空機 乗客が暴れ引き返す[07/15 19:47]

離陸から数分後、40代の乗客の男性がシートベルト着用のサインが出ているにも関わらず席を立ち、操縦室のドアを叩いたほか大声を出し、座席を壊すなどしたということです。飛行機は鹿児島空港への引き返しを決め、離陸からおよそ40分後に着陸しました。

続きを読む "misc.男が暴れて飛行機が引き返す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/15

article:差止請求権の発生要件としての「侵害の危険」に関する判断方法について

北海道大学大学院法学研究科の根本尚徳先生からいただいた論文「差止請求権の発生要件としての『侵害の危険』に関する判断方法についてー基礎的・比較法的考察ー」 『早稲田民法学の現在 (浦川道太郎先生、内田勝一先生、鎌田薫先生 古稀記念論文集)(成文堂・2017)439頁を読んだ。

日本の適格消費者団体がしばしばその壁にぶつかっている違法行為が行われる「おそれ」要件について、ドイツの不正競争防止法8条1項の妨害予防請求権発生要件としての「侵害の危険」に関する解釈論を紹介し、日本法の下での解釈に応用するよう提唱するものである。

Liser2


ドイツでは、通説判例が「一度不正競争行為を行った者は、同様の行為をさらに繰り返すものと推認される」という「事実上の推定」が認められており、従って違法行為をやめたからといって将来のおそれがなくなるわけではない。

続きを読む "article:差止請求権の発生要件としての「侵害の危険」に関する判断方法について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ