« proc.civ.:民訴教材:時機に後れた攻撃防御方法の却下例 | トップページ | court:最高裁が傍聴人に説明資料を配布(追記アリ) »

2017/07/18

book:桜風堂ものがたり

今年読んだ36冊目は本屋大賞ノミネートの桜風堂ものがたり


徹頭徹尾、本屋さんの話である。

悲しい子供時代を抱える登場人物たちが多いが、そんな過去を乗り越えて、一つの本の売り出しに向けて力を合わせる。クライマックスへの盛り上がりがすごい。

普通、業界ものというのは当の業界にいる人に評判が悪いのが通常で、特に弁護士ものなんかは好き嫌いがはっきりする。
この書店員業界モノの評判は、しかし、本屋大賞にノミネートされるくらいだから良いのであろうか。あとがきによれば本職のチェックも相当得たらしいし。

|

« proc.civ.:民訴教材:時機に後れた攻撃防御方法の却下例 | トップページ | court:最高裁が傍聴人に説明資料を配布(追記アリ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/65549044

この記事へのトラックバック一覧です: book:桜風堂ものがたり:

« proc.civ.:民訴教材:時機に後れた攻撃防御方法の却下例 | トップページ | court:最高裁が傍聴人に説明資料を配布(追記アリ) »