« 2019年には国際訴訟法学会世界大会が神戸で開かれる | トップページ | politique:三文政治ドラマが目の前で繰り広げられている »

2017/05/24

Book:沈黙法廷

今年読んだ32冊目は沈黙法廷

警察による捜査が前半で、後半は裁判員裁判が展開される。

まるで裁判員裁判の教科書のような、公判前整理手続や法廷の描写である。著者に協力した弁護士さんは、本気を出したのだろう。

ストーリー的には、しかし、あまり血湧き肉躍る感じがない。警察捜査の部分は、テンポの良い進行で、一挙に100ページくらい読み進んでしまうのだが、後半は、うーむ。
弁護士や検察官に魅力的な人物が多数いるので、その人たちの出て来る別作品に期待したい。

|

« 2019年には国際訴訟法学会世界大会が神戸で開かれる | トップページ | politique:三文政治ドラマが目の前で繰り広げられている »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/65323827

この記事へのトラックバック一覧です: Book:沈黙法廷:

« 2019年には国際訴訟法学会世界大会が神戸で開かれる | トップページ | politique:三文政治ドラマが目の前で繰り広げられている »