« Book:高校生からの法学入門 | トップページ | edu:大学授業料の出世払い »

2017/05/15

Book:消費者からみた民法改正

これは良い本だ。
今年読んだ31冊目はQ&A 消費者からみた民法改正

日弁連消費者問題対策委員会編で、委員長は野々山宏弁護士だ。


このブックレットの素晴らしいところは、目次を見るだけで、消費者法的な観点から注目点を列挙し、それが新設規定になったのか、それとも見送られたのか、あるいは廃止となったり明文化されたりといったところが一目瞭然で示され、各解説につながっているところだ。
Liser2

それにしても、情報提供義務が見送られたところは、立法と判例との温度差の存在を如実に感じてしまう。法を変えていくのは立法を通じてというのが王道だが、司法を通じて改革をしたいと考えがちになっても無理はない。

|

« Book:高校生からの法学入門 | トップページ | edu:大学授業料の出世払い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/65282520

この記事へのトラックバック一覧です: Book:消費者からみた民法改正:

« Book:高校生からの法学入門 | トップページ | edu:大学授業料の出世払い »