« book:民事執行・保全法 第5版 | トップページ | AD:放送大学ラジオ授業のお話 »

2017/04/05

Book:テミスの剣

今年読んだ24冊目はテミスの剣 (文春文庫)

どんでん返しの帝王と言われているらしく、確かに予想していなかった方向に話が行った。

Liser1

テーマは冤罪であり、高裁の左陪席が新任判事補だとか、そういうところを気にしなければ楽しめる。
とりわけ、昭和の取り調べ風景はもう凄くて、なるほどこれなら自白もするなぁと、無理なく思わせるところがある。

しかし、幾つか解せないところはのこる。
ネタバレとなるので詳しくは書けないが、不倫カップルが出てくるところを二人の人が見たはずだが、同時に見たはずはなく、その時間の関係がおかしい気がするのだ。

|

« book:民事執行・保全法 第5版 | トップページ | AD:放送大学ラジオ授業のお話 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/65110160

この記事へのトラックバック一覧です: Book:テミスの剣:

« book:民事執行・保全法 第5版 | トップページ | AD:放送大学ラジオ授業のお話 »