« kaken:科研費改革の動向が文科省サイトで出ました | トップページ | arret:マンション管理組合は組合員に対して受任者として報告義務を負う »

2017/01/04

Book:脱・限界集落株式会社

今年読んだ2冊目は、脱・限界集落株式会社 (小学館文庫)

このブログでも紹介し、テレビでもドラマ化された本の続編である。
限界集落株式会社 (小学館文庫)

読み始めたときに、登場人物がさっぱり思い出せなかったが、やはり本編で活躍した優が出てこないと雰囲気が違うのであった。

ともあれ、今回は、都会の資本の論理に対するアンチテーゼが一つもモチーフであり、本編に対する一種の揺り戻しにもなっている。

|

« kaken:科研費改革の動向が文科省サイトで出ました | トップページ | arret:マンション管理組合は組合員に対して受任者として報告義務を負う »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/64721258

この記事へのトラックバック一覧です: Book:脱・限界集落株式会社:

« kaken:科研費改革の動向が文科省サイトで出ました | トップページ | arret:マンション管理組合は組合員に対して受任者として報告義務を負う »