« 巧妙な不審mail | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復制度が道新で紹介 »

2017/01/21

Book:総理の夫

今年読んだ10冊目は総理の夫 First Gentleman (実業之日本社文庫)

妙齢の美人総理を妻に持った財閥の次男坊が日記を書く、という形式の小説で、小沢一郎と思しき人が暗躍する中で総理に担がれた妻の境遇に翻弄される夫の肉声がよく出ている。

物語の後半は、ちょっとかっこよすぎ、あるいはかっこ悪すぎ、となるが、それでも引きつけてやまない。

Liser1


現実の日本の政界を思うと、なんともガッカリしてしまうのだが、解説の安倍昭恵さんはそう思っていないようだ。

|

« 巧妙な不審mail | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復制度が道新で紹介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/64788832

この記事へのトラックバック一覧です: Book:総理の夫:

« 巧妙な不審mail | トップページ | consumer:集団的消費者被害回復制度が道新で紹介 »