« メモ:WELQ事件は | トップページ | action:ジェフ・ベックとジミー・ペイジが共演と聞いていったら、共演はなし »

2016/12/02

Book:研究するって面白い!

今年読んだ46冊目はリケジョたちの自己紹介本とでもいうのか、研究するって面白い!――科学者になった11人の物語 (岩波ジュニア新書)



リケジョブームも、割烹着とともに沈むかと思えば、どっこい、日本のマリー・キュリーたちが生き生きと活躍している様子が11人、様々な専門領域で描かれている。
Marie_curie_1903


その中には、データ・サイエンティストの芳賀麻誉美さんも登場する。
ビッグデータを扱う学問で、応用統計学という趣の学問だが、比較的新しい研究分野なのだそうだ。

その彼女の出自は食品化学のご専攻であり、研究所でマーケティングに取り組むことになったことから、今の専門に重点が移ってきたということである。

この本の主たるターゲットは女子中高生たちであって、科学者への夢を抱いて実現した人たちが、若者たちにその夢を伝えるということで、リケジョの誘引に極めて有効であろう。

法律分野でも、フェイスブックなどで見る輝いている女性実務家、あるいは女性研究者が、こうした本を作ってみてはいかがであろうか?

|

« メモ:WELQ事件は | トップページ | action:ジェフ・ベックとジミー・ペイジが共演と聞いていったら、共演はなし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/64571150

この記事へのトラックバック一覧です: Book:研究するって面白い!:

« メモ:WELQ事件は | トップページ | action:ジェフ・ベックとジミー・ペイジが共演と聞いていったら、共演はなし »