« misc:ミハイル・ゴルバチョフの近況 | トップページ | Book:希望荘 »

2016/08/16

Book:ツイッターの心理学

ツイッターの心理学:情報環境と利用者行動

真面目な論文である。

人はなぜツイートするのかというのが興味深い。70頁以降だが、ツイッターではツイートする内容が面白かったからがトップで、コミュニケーション目的や備忘録目的はその次に来ている。
これに対してブログやパソコン通信での書き込みをする人の動機は、他者との交流を目的とすることが多かったことを引用している。

ツイッターはソーシャルメディアの典型の一つなのに、意外と交流目的ではないようだ。
以下、ツイートの内容ごとの分析や年令による分析など、興味は尽きない。

リツイートの理由というのもなかなか。

|

« misc:ミハイル・ゴルバチョフの近況 | トップページ | Book:希望荘 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/64067883

この記事へのトラックバック一覧です: Book:ツイッターの心理学:

« misc:ミハイル・ゴルバチョフの近況 | トップページ | Book:希望荘 »