« 参議院選挙の争点にはTPPの可否も忘れずに | トップページ | Justice_nippon:これが中世並みと言われる日本の刑事司法だ! »

2016/06/04

execution:財産開示に強化策

徐々に進む改革。

横行する養育費不払い、債務者口座を裁判所特定

金融機関の顧客の秘密優先主義と支店名も特定しろという抵抗を、債権者代理人弁護士たちが弁護士会照会などで徐々にこじ開けてきた。
この努力の成果を、法は単に追認するのか、それとも一歩先に進めるのか、本気度が問われる。


またすでに民事執行法で特別扱いをしている扶養料債権などは、財産開示にとどまらない抜本的な改革が必要だ。
例えば英国のように行政庁が執行代行するとか、あるいは支援団体に執行担当を任せるとか。

|

« 参議院選挙の争点にはTPPの可否も忘れずに | トップページ | Justice_nippon:これが中世並みと言われる日本の刑事司法だ! »

明るい法律の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63728293

この記事へのトラックバック一覧です: execution:財産開示に強化策:

« 参議院選挙の争点にはTPPの可否も忘れずに | トップページ | Justice_nippon:これが中世並みと言われる日本の刑事司法だ! »