« politique:舛添都知事に求める政治資金の透明性と説明責任は、他の政治家にも向けられる | トップページ | France労働紛争手続にマクロン改革 »

2016/06/11

Book:成長するティップス先生

今年読んだ22冊目は成長するティップス先生 (高等教育シリーズ)

Liser2
大学教育の方法を書いた本は、実は初めて大学に就職が決まった時に数冊読んだことがあるが、その時は翻訳書が多く、また内容的にも抽象的な記述であって、ほとんど役に立たなかった記憶がある。

その点、最近のこの類の本は、本に限らずだが、進歩が著しい。

授業デザインの話も有用ではあるが、この本のあちらこちらに出てくるダメ先生の例とか、我が身に覚えがあることがたくさん出てきて、非常に身につまされる。

とりあえず今は、「学生を授業に巻き込む」について参考となる。

曰く、「教師が学生に対して行う最もナンセンスな質問は「なにか質問は?」あるいは「何か意見は?」というものです」
これはしかし毎回やっている。もちろん何も出てこないことが大半なのだが。

ゼミでも講義でも、学生にディスカッションをさせること、そしてそれが有意義であり得るためには、それなりの目的と準備がなければならない。そうしたことを再確認するのは大事なことである。

|

« politique:舛添都知事に求める政治資金の透明性と説明責任は、他の政治家にも向けられる | トップページ | France労働紛争手続にマクロン改革 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63763722

この記事へのトラックバック一覧です: Book:成長するティップス先生:

« politique:舛添都知事に求める政治資金の透明性と説明責任は、他の政治家にも向けられる | トップページ | France労働紛争手続にマクロン改革 »