« Nepalになお残る地震の爪痕 | トップページ | FRANCEもついに協議離婚を導入か? »

2016/05/04

Nepalになお残る地震の爪痕・続き

そして地震被害の象徴とも言えるのが、ボダナートの仏塔だ。

Dsc00153Dsc00154_2Dsc00159

しかし、倒れてもなお、信仰の中心である。

周辺国からの僧侶たちがたくさん集まっては周囲をめぐっていた。

また、近くの建物では大仏が飾られ、女性たちを中心とするお祈りの唱和が絶えない。


カトマンズ市内のダルバール広場も、地震の爪痕は数多く目につく。

Dsc00253Dsc00254P1100590P1100592Dsc00260P1100600Dsc00260_2Dsc00263P1100604


|

« Nepalになお残る地震の爪痕 | トップページ | FRANCEもついに協議離婚を導入か? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63579533

この記事へのトラックバック一覧です: Nepalになお残る地震の爪痕・続き:

« Nepalになお残る地震の爪痕 | トップページ | FRANCEもついに協議離婚を導入か? »