« 情報収集のためのFB投稿、やってしまいそうか? | トップページ | Nepalになお残る地震の爪痕・続き »

2016/05/04

Nepalになお残る地震の爪痕

ネパール・カトマンズ周辺、人々はたくましく生きていることは事実だが、他方で地震の爪痕から復旧すらもままならない状況は否定出来ない。

国際的な財政援助は多く寄せられても、現実に必要なところには届いていないという問題が指摘され、どことなく東北の問題を思い出させるが、もっとヒドイと言わざるをえない。

カトマンズの西に位置するスワヤンブナートは丘の上の仏塔が目立つ名所だが、随所に崩れかけたところが見られる。
P1100310Dsc00034Dsc00038


次に、古都パタンを訪れた。
ここには、いわゆる生き神様であるクマリがおり、その女の子としての境遇にはちょっと思うところがないわけではないが、ともかく地震で危険な建物のうち、より安全なところに移っていた。
P1100330_2Dsc00057Dsc00061


Dsc00062Dsc00075P1100353

次に訪れたのは、カトマンズからかなり離れたパクタプル。ここも古都で、王宮広場がある。しかし、街角もかなりダメージが残っていた。

Dsc00104Dsc00131Dsc00126P1100448P1100454


続く

|

« 情報収集のためのFB投稿、やってしまいそうか? | トップページ | Nepalになお残る地震の爪痕・続き »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63579517

この記事へのトラックバック一覧です: Nepalになお残る地震の爪痕:

« 情報収集のためのFB投稿、やってしまいそうか? | トップページ | Nepalになお残る地震の爪痕・続き »