« 憲法がまだないNepalで迎える憲法記念日 | トップページ | 情報収集のためのFB投稿、やってしまいそうか? »

2016/05/04

Book:夢幻花

今年読んだ16冊目は 東野圭吾の夢幻花 (PHP文芸文庫)

Liser1


東野圭吾は、色々なテイストの小説が数限りなく有り、驚くばかりの多様性を示しているが、この夢幻花は、2つほど感想を抱いた。
一つは、宮部みゆきのいくつかの作品(火車からペテロの葬列に至る系列)にそっくりであることだ。題材が違うが、ストーリー展開というか登場人物たちの行動様式がよく似ている。むしろ、名探偵過ぎるきらいがある。

もう一つは、初っ端の通り魔的虐殺シーンで想像されるノワールな東野圭吾のイメージとは打って変わって、悪いやつは一人も出てこない物語になっていることだ。人間の悪どいところを追及していたようなイメージのある東野圭吾さん、年を取ったんではあるまいか?

|

« 憲法がまだないNepalで迎える憲法記念日 | トップページ | 情報収集のためのFB投稿、やってしまいそうか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63578966

この記事へのトラックバック一覧です: Book:夢幻花:

« 憲法がまだないNepalで迎える憲法記念日 | トップページ | 情報収集のためのFB投稿、やってしまいそうか? »