« china広州ラウンジにあった消費者ニュース | トップページ | 憲法がまだないNepalで迎える憲法記念日 »

2016/05/01

特許庁がAI導入

特許庁 出願手続きに人工知能使った新システム導入へ

 特許庁が、国の事務としては初めてAI活用に乗り出す。

新しいシステムではAIが出願内容をジャンルごとに分類したり、書類の不備を発見します。また、世界中で発行されている特許の文献を検索して似たような出願がないかどうかチェックし、審査官による特許の判断作業を支援することにしています。

なんとなくまだ、SF的な感じがしているが、現実はどんどん進んでいる。

興味を惹かれるのは、特許申請とその審査の一部がAI活用で変わると、訴訟手続にも波及するのではないかという点だ。
行き過ぎた三権分立の日本ではともかく、外国では、司法手続の効率化がAIによって飛躍的に進むのではないかという気がする。AIにより弁護士が失業すると話題となっているのも、むべなるかなというところだ。

そう考えると、特許申請だって、弁理士さんの仕事が飛躍的に効率化するのではないかと思ったり、そのことから逆に弁理士さんの失業につながるんではないかと思ったり。

やはり知的ラッダイト運動の時かもしれない。


|

« china広州ラウンジにあった消費者ニュース | トップページ | 憲法がまだないNepalで迎える憲法記念日 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63563319

この記事へのトラックバック一覧です: 特許庁がAI導入:

« china広州ラウンジにあった消費者ニュース | トップページ | 憲法がまだないNepalで迎える憲法記念日 »