« 中国広州のinternet | トップページ | 特許庁がAI導入 »

2016/04/30

china広州ラウンジにあった消費者ニュース

Img_0107
中国でも消費者被害の予防と回復は重要な問題と考えられているが、そのような消費者問題を扱っていると思われる雑誌がラウンジに置かれていた。


中国語が分からない私には、心の目で読むしかないのだが、おそらくは消費者ニュースというくらいの意味であろう。

中を開いてみると、消費者の立場から様々な情報を提供しているものであることが分かる。


下の、左側の画像は、責任ある消費を心がけ、無責任な商品に対してはNOと言おうという呼びかけが書かれた(と思われる)頁である。

Img_0106Img_0108

また右側は、洗濯機の商品テストの頁の一部である。
具体的には、水の使用量や電気の使用量を比較したものであり、松下電器の商品が最も省エネだと結論づけている。

全80頁カラー刷りのこの雑誌、月刊かどうかよくわからなかったが、年間購読料が120元だそうであり、独立編集のため企業広告もない。日本にも類似の雑誌はあるが、ともかく力の入ったものである。

|

« 中国広州のinternet | トップページ | 特許庁がAI導入 »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63560083

この記事へのトラックバック一覧です: china広州ラウンジにあった消費者ニュース:

« 中国広州のinternet | トップページ | 特許庁がAI導入 »