« legislation:改め文方式を考える | トップページ | jugement:日本語ドメイン名の不正競争行為による発信者情報開示 »

2016/04/06

Book:基本講義消費者法 第二版出来!

Liser1大正立正大学で教科書指定されているというこの本、基本講義 消費者法 第2版 (法セミLAW CLASSシリーズ)が出来た。


変化の激しい消費者法分野で、この紙媒体の、しかも多数人の共著による書籍をアップデートするのは、どうしても限界がある。
この本も新年度に合わせて改訂をするに際して、昨年の早い段階から企画が持ち上がっていた。

編者のはしがきには、法改正を取り入れたことが書かれているが、さすがにこの4月1日施行された景表法の課徴金制度導入は、予定として書かれている(279頁)。それでも触れられるだけでも偉いが。

電子書籍にしても改訂作業にかかる時間の短縮には限界があり、せいぜい在庫調整が容易になるくらいであろう。

すでに一部で行われているように、法令の改廃や判例情報追加などは、ウェブサイトで情報更新を提供することが必要である。編者または編集者の負担が重くなることは間違いないが、その代わり改訂作業の時にその分の負担は軽くなる。

|

« legislation:改め文方式を考える | トップページ | jugement:日本語ドメイン名の不正競争行為による発信者情報開示 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63446876

この記事へのトラックバック一覧です: Book:基本講義消費者法 第二版出来!:

« legislation:改め文方式を考える | トップページ | jugement:日本語ドメイン名の不正競争行為による発信者情報開示 »