« France大使館のポワソン・ダブリル | トップページ | Courts:最高裁が裁判官の海外研修を増強へ »

2016/04/02

Book:情報法概説

今年読んだ12冊目は情報法概説。曽我部真裕先生、林秀弥先生、栗田昌裕先生の三人による概説。

いただいたもので、研究室の整理が途中で止まった原因であるが、簡にして要を得た文字通りの概説である。

Johohogaisetsu
特に、競争法制に関わる部分は類書にない充実ぶりであるし、放送法制に関する部分も分かりやすく参考になる。

ただ、分量的に割りを食っているのか、プロ責法についてなど私法に関する部分は、「簡」に徹しているようである。
そんな感想を抱くのも、私の興味関心が私法に片寄っているからかもしれないが。

|

« France大使館のポワソン・ダブリル | トップページ | Courts:最高裁が裁判官の海外研修を増強へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63427925

この記事へのトラックバック一覧です: Book:情報法概説:

« France大使館のポワソン・ダブリル | トップページ | Courts:最高裁が裁判官の海外研修を増強へ »