« animation: What happens before war | トップページ | Télérecours:仏行政裁判所のe-filing »

2016/03/03

France人の判例評釈のやり方解説ビデオ

ダローズのこのビデオは、対象が誰なのか今ひとつ不明だが、新人法律家と学生向けなのであろう。ともかく、判例評釈の作り方について説明している。

フランスにはこの種の本はあるのだろうか?

この疑問は最後の部分で明らかにされた。


Lescodes_2


何を言っているかというと、まずは判例評釈の目的が、判決の意味、意義、そして射程を明らかにすることだという。

そしてしてはいけないこととしては、判決をなぞって書くことや、不必要に論文にしてしまうことなどである。


導入部分は判例評釈に特有のルールがある。
事実関係、手続過程、当事者の主張、法的争点と判旨、そして分析プランを手際良くまとめることである。

判決の意味sensは、なぜ裁判所がこの解決を下したのかを明らかにする。
判決の意義valeurは、矛盾の有無、実定法との一致、そして衡平の観点から評価を加える。
そして判決の射程portéeだが、ここでは日本で言う射程とは異なり、判決が今後の裁判実務や立法に与える影響を明らかにするという。
もちろん過去の判例との異同も忘れずに。
これによって新判例なのか、事例判決というべきものなのかが明らかにされる。

最後には、判例集や法令集と並んで以下の本が紹介されていた。


|

« animation: What happens before war | トップページ | Télérecours:仏行政裁判所のe-filing »

フランス法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63295618

この記事へのトラックバック一覧です: France人の判例評釈のやり方解説ビデオ:

« animation: What happens before war | トップページ | Télérecours:仏行政裁判所のe-filing »