« event:守大助さんの冤罪をはらす集い(2/20) | トップページ | FRANCE民法(契約法)改正案の現状 »

2016/02/10

kindle-book:なぜいくら腹筋をしても腹が凹まないのか

アマゾンの内容紹介にはこうあって、これでだいたい中身が分かりそうなもの。

腹を凹ませるために鍛えるべきは、腹筋でも体幹でもない。実は「下半身」である。ダイエットの鉄則は「基礎代謝」を上げてエネルギーを消費しやすい体を作ること。そのためには、まず体全体の筋肉量を増やす必要がある。だが腹筋は、内臓を膜状に覆っている薄い筋肉なので、いくら鍛えても筋肉量はさほど増えない。それよりも大腿筋や大臀筋など下半身の大きな筋肉を鍛えた方が基礎代謝が上がり、結果的にお腹が凹むのだ。ダイエットの常識を覆し、最も効率良く内臓脂肪と皮下脂肪を落とす、目から鱗のトレーニングバイブル。

というところまではまあ常識的ではある。
どういうトレーニングをすればよいのかは本を買えということだ。

しかし、買った人のレビューでは、「いくら本を読んでもダメ! 本人の努力次第です。 痛感しました。」とのことである。

さあどうしましょ?

|

« event:守大助さんの冤罪をはらす集い(2/20) | トップページ | FRANCE民法(契約法)改正案の現状 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63191631

この記事へのトラックバック一覧です: kindle-book:なぜいくら腹筋をしても腹が凹まないのか:

« event:守大助さんの冤罪をはらす集い(2/20) | トップページ | FRANCE民法(契約法)改正案の現状 »