« accord:公益通報者が不利益処遇を耐えなければならない事例 | トップページ | court:小笠原でテレビ会議システムによる民事調停 »

2016/02/19

cinema:スポットライト 世紀のスクープを見てきた

『スポットライト 世紀のスクープ』は、今世紀初頭のボストンを舞台にするカトリック教会のペドフィル蔓延と隠蔽を暴いた地元記者のヒロイックな物語だ。

上記サイトのあらすじには書かれていないが、問題の追跡を命じた新任の編集長はユダヤ人だというところも一つのポイントになっている。Img_0651


映画の中に、AOLの広告看板があったのが時代を感じさせた。日本で言えば、ベッコアメ・インターネットとかの広告のイメージか、いやもっと大きくニフティサーブとか当たりか。

ストーリ的には、意外と淡々と進むという印象を受けた。地域社会に根付く巨大権威への挑戦というのにつきものの、保守的な層との摩擦というよりは、むしろ社内の姿勢に現場記者が歯噛みする姿のほうが印象的であった。

|

« accord:公益通報者が不利益処遇を耐えなければならない事例 | トップページ | court:小笠原でテレビ会議システムによる民事調停 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63234744

この記事へのトラックバック一覧です: cinema:スポットライト 世紀のスクープを見てきた:

« accord:公益通報者が不利益処遇を耐えなければならない事例 | トップページ | court:小笠原でテレビ会議システムによる民事調停 »