« FRANCE民法(契約法)改正案の現状 | トップページ | フランス民法典改正Ordonnanceが2月10日付けで公布 »

2016/02/11

cinema:砂上の法廷

面白そうである。
父親殺しを自白した少年の裁判に挑む敏腕弁護士キヌア・リーブス。

こちらのサイトに簡単なあらすじが書かれているが、殺された父親というのも弁護士だったようだ。

なお、法廷ものアメリカ映画では今のところ次の3つが好きだが、少し古くなりつつある。

この中で生き残っているのはジーン・ハックマンだけというのも古さを感じさせる。

|

« FRANCE民法(契約法)改正案の現状 | トップページ | フランス民法典改正Ordonnanceが2月10日付けで公布 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/63195771

この記事へのトラックバック一覧です: cinema:砂上の法廷:

« FRANCE民法(契約法)改正案の現状 | トップページ | フランス民法典改正Ordonnanceが2月10日付けで公布 »