« consumer:景表法違反行為がいかにヤリドクかを示す事例 | トップページ | 吾輩はSuper-region、名前はまだない、が選挙は明日 »

2015/12/05

FRANCE版DV逆襲殺人に判決

日本でもDV被害に耐えかねて夫を殺したケースは多く、その際に正当防衛が認められないことが多いが、フランスでも同様のことが起こっていた。

#JUSTICE Violée et battue par son mari durant des années, Jacqueline Sauvage a été condamnée en appel à dix ans de réclusion pour l'avoir tué

長年のDVに耐えかねて夫を射殺した妻に対して、判決は懲役10年の刑を言い渡した。
正当防衛は認められなかったのだ。

正当防衛とDVとの関係について、下記の書籍の齋藤論文が参考になる。

Mamabebe
それにしても、この事件のDV夫はひどすぎる。

記事を読む限りでは、被害者は妻だけではなかった。三人の娘達も母親と同様に強姦され、殴られていた。そして息子も、その父の暴力の被害者で、息子が自殺した翌日、ついに妻が夫を撃ち殺したのだった。

なるほど、正当防衛は、急迫不正の侵害に対して釣り合いの取れた行為 un acte proportionné で反撃したことが必要だという。それは成立しないかもしれない。
しかし、この妻が10年の刑に服するのは全く納得出来ない。

日本に置き換えるならば、尊属殺重罰規定の違憲判決の事件を思い起こす。

|

« consumer:景表法違反行為がいかにヤリドクかを示す事例 | トップページ | 吾輩はSuper-region、名前はまだない、が選挙は明日 »

フランス法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/62809987

この記事へのトラックバック一覧です: FRANCE版DV逆襲殺人に判決:

« consumer:景表法違反行為がいかにヤリドクかを示す事例 | トップページ | 吾輩はSuper-region、名前はまだない、が選挙は明日 »