« 薔薇の名前のロケ地、Eberbach修道院に行ってきた | トップページ | 2016謹賀新年 »

2015/12/31

Book:流星の絆

今年読んだ最後の58冊目は流星の絆 (講談社文庫)

東野圭吾らしい、ストーリー展開で面白いし、夜も寝不足気味となる一作だった。

東野圭吾の復讐モノとでもいうべきジャンルだ。初期に読んだ同ジャンルは、ちょっとトラウマ気味になるくらいのインパクトが有ったが、この作品は、少し爽やかささえ感じられる結末となっていて、なんというか、作者も年取って人間が丸くなったのかなあ。

ドラマ化もされている模様。

|

« 薔薇の名前のロケ地、Eberbach修道院に行ってきた | トップページ | 2016謹賀新年 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/62976172

この記事へのトラックバック一覧です: Book:流星の絆:

« 薔薇の名前のロケ地、Eberbach修道院に行ってきた | トップページ | 2016謹賀新年 »