« FRANCE:海外の自国民に対する死刑に、日仏政府の対応の違い | トップページ | 平成26年度の科研費採択状況を見て思うこと(27年度も追記) »

2015/10/17

LGBTIを理由に処罰するのはやめてキャンペーン

Lgbtmobilisation


チュニジアで、先月初めにホモセクシュアルを理由に22歳の学生が逮捕され、肛門検査を受けさせられ、チュニジア刑法230条により一年の拘禁刑を言い渡されたそうである。

同条は、女性および男性のホモセクシュアル(フランス語゜の直訳ではそうなるが、要するに同性愛)について三年の拘禁刑(日本で言うところの懲役に相当)が定められている。

これに抗議して、LGBTI(Lesbian Gay Bi Trans et Intersexué)の諸団体が抗議活動と署名活動とを、ポワチエの中心ノートルダム教会前で行っていた。

署名活動のページ参照。紙の署名簿があるのかと思ったら、その場に持ってきているパソコンでオンラインで署名して、と言われた。

フェイスブックページはこちら

なお、LBGTI関連で最近の話題の書として同性婚 私たち弁護士夫夫(ふうふ)です(祥伝社新書)がある。

残念ながら、電子書籍ではないので読める環境にはないが。
フランス語だと、Les Droits des homosexuel/lesがある。

|

« FRANCE:海外の自国民に対する死刑に、日仏政府の対応の違い | トップページ | 平成26年度の科研費採択状況を見て思うこと(27年度も追記) »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/62495114

この記事へのトラックバック一覧です: LGBTIを理由に処罰するのはやめてキャンペーン:

« FRANCE:海外の自国民に対する死刑に、日仏政府の対応の違い | トップページ | 平成26年度の科研費採択状況を見て思うこと(27年度も追記) »